本日、主要な分散型金融 (DeFi) プロトコルであるPickle Financeが攻撃を受け、2000万ドルを悪用された。

ハッキングは本日朝に行われ、ETHに精通したTwitterユーザーがPickleのcDAI jar (Pickleの用語で利回りの高い金庫を意味する) が空になっていたことに気付いた。


しかし、最近の他の攻撃とは異なり、今回の悪用はフラッシュローンというon-chain価格を操作するDeFiツールを特徴としていない。その代わりに、ハッカーは悪質な模倣契約とcDAI jarの間で資金をスワップした。

自称ホワイトハッカーであり、DeFi Italyの共同設立者でもあるEmiliano Bonassi氏はCointelegraphのインタビューで、攻撃者が「evil jars」を作成したと説明した。

攻撃者はその後、「evil jar」と本物のcDAI jarの間で資金を交換し、預金の2000万ドルを奪い取った。


特にHarvest Financeへの攻撃の後、Pickle Financeは、卓越したfarming protocolの一つとして順調に成長しているように見えていた。しかしプレスタイムの時点で、Pickleの統計サイトは約7500万ドルの合計値を報告し、Pickleの価格、Pickle Financeのガバナンストークンは11.16ドルへと1日に50%ダウンした。

Pickle Financeの苦境は、DeFi空間全体の厄介な傾向の一部に過ぎない。ここ数週間での最近の悪用の犠牲者には、Harvest Finance、Value DeFi、Akropolis、Cheese Bank、Origin Dollarなどが含まれる。

しかし、DeFiの垂直構造の脆弱性は、別の成功につながるかもしない。あるTwitterトレーダーは次のように述べた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る