Pickle FinanceのネイティブコインPICKLEの保有者は、プロトコルが未知のユーザーによって攻撃された後、現在50%のドローダウンに苦しんでいる。攻撃の詳細はまだ明らかになっていないが、資金の損失により、ユーザーは流動性資産を引き出して仮想通貨を一斉に売却している。

PICKLEは記事を執筆している現在11.50ドルで、24時間前の50%弱まで下落している。これにより、過去24時間の中で最もパフォーマンスの悪い仮想通貨の一つとなっている。唯一のbad performerはyAxisとYield Warsで、どちらもPICKLEに関連している。

Pickleのハッキング事件の詳細

22日朝に、アナリストはユーザーのDAIを投資してDAIで支払われる定期的なリターンを得るPickle FinanceのpDAI Jarが関与する不審な取引に気づいた。

この取引には複雑なEthereumの契約と、契約書ではないアドレスに送られた2,000万ドル相当のDAIが含まれていた。


Pickleへのハッキングと思われる取引の様子
出典:newsbtc

これはPickleのSwap Jar機能に関連したバグのようだ。問題は、資金がスワップされるjarが悪意のあるものでないことを確認するためのチェックがなかったことである。結果的に、2000万ドルが消えてしまった。攻撃者がその資金をどうするのかは現在のところ不明だが、攻撃者に連絡してお金を取り戻そうとした人もいるという。

頻繁なDeFiの悪用

これは最近の多くのDeFiの悪用で最新のものとなった。以前のものではHarvest Finance、Value DeFi、AkropolisのDelphiのDelphi yield farmingプールへの攻撃が含まれる。

多くの人は、最近行われた攻撃の数を見て、DeFi業界が投資の主流となるには時期尚早だと考えている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る