分散型ファイナンス(DeFi)プロトコルYearn FinanceとPickle Financeは、統合される予定である。これはDeFiの最初のM&A(企業合併)契約となると思われる。

火曜日に合併を発表し、プロトコルの背後にある両方のチームは、共有された専門知識を活用し、専門性を高めるために協力すると述べた。実際の合併は、現在開発中のYearnの2番目のバージョンがリリースされたときに行われる。この開発は、Pickleが2,000万ドル相当のDAIが流出した事件から数日後に行われることになる。

Yearnのバージョン2リリース後、PicklejarとYearnのバージョン2ボルトは合併される。技術的には、Pickle jarsはYearnのボルトのフォークである。発表によると、「Pickle jarsは、今後のバージョン2設計を使用して、Yearnボルトとして展開される。」ということである。

合併されると、DILLとCORNICHONの2つの新しいトークンがスタートする。DILLを獲得するには、Pickleトークンをロックする必要がある。

発表によると、「Pickleトークンをロックすると、DILLが受け取れる。ロックされている期間が長いほど、より多くのDILLが受けとれる。最小ロック期間は1週間、最大期間は4年である。」ということである。

CORNICHONに関しては、このトークンは1970万ドル相当のDAIが流出したPickleの最近のハッキングの被害者に配布される。発表によると、「トークンはハッキング時の残高のスナップショットに対して作成され、被害者に比例して配布される。」ということである。

合併後、2つのプロトコルのDeFiでロックされた総価値(total value locked;TVL)も合併される。DeFi Pulseによると、現在のYearnのTVLは4億3300万ドルであり、DeFi LlamaによるとPickleのTVLは約3100万ドルである。

契約の一環として、YearnはPickleの開発者に製品や料金に関する業務に慣れるようサポートする。どちらのプロトコルもイールドオプティマイザーであり、2020年に発売された。

CoinGeckoによると、合併のニュースにより、Pickleトークンの価格は35%上昇し、約20ドルで取引された。一方、Yearnトークン(YFI)は1.5%下落して約24,675ドルで取引されている。

開発者のAndre Cronje氏は、プレスタイムまでにコメントの要求に応じなかった。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る