この10年間で、ブロックチェーン技術の活用によって、金融の革命を目の当たりにしてきた。ブロックチェーン技術は、主要な仮想通貨であるビットコインの開発以来、より多くの使用例が示されてきた。

ブロックチェーン技術は、健康、農業、供給管理、金融など、世界経済のさまざまな分野で使用されている。しかし、まだ適用されていない分野の一つに、オンラインマーケットプレイス業界がある。

最近は、制約のある従来のオフィスワークよりも、柔軟性のあるフリーランスを好む熟練労働者が多く、人気が出てきている。これにより、人々はリモートで仕事をして報酬を得るというユニークな業業態に変わってきている。Upwork、Fiverr、Freelancer.comのような伝統的なフリーランス市場は、このようなフリーランスを促進し、世界のどこからでも働くことを可能にする。

しかし、これらのプラットフォームは完璧ではなく、大きな欠陥もある。これらのプラットフォームは通常、高い手数料を請求し、その例として、FiverrとUpworkは20%も労働者に請求する。また、給与が手に入る前の待機期間というものを導入している。

Keep2r Networkは、ブロックチェーン技術を利用して、労働者が仕事の機会とつながることを保証することで、これらの欠陥を抱える従来のプラットフォームを変えようとしている。

Keep2r Networkとは?

Keep2r NetworkはAndre Cronje氏のKeeper Networkの影響を受け、それに倣った分散型プラットフォームである。Cronje氏はYFI defiプロトコルとKeeper Networkの開発に携わった有名な仮想通貨開発者である。

Keep2r Networkは、Keeper Networkの成功した派生商品であり、分散型プラットフォームのコア機能を備えている。外部の開発者を必要とするプロジェクトや開発チームが仕事を見つけるための分散型プラットフォームである。本質的にはジョブマッチングプラットフォームとも言えるだろう。

開発者のためのユニークなプラットフォーム

Keep2r Networkは、ジョブを実行した開発者が迅速に報酬を得ることができ、すべてがブロックチェーン上で実行されることを保証する。このネットワークの主な構成要素はKeeperである。

Keeperとは、Keep2r Network上で募集されているジョブを実行する人やチームを指す用語である。これらの仕事には、トランザクションを実行する単純なものから、オフチェーンプログラミングのような複雑な仕事まである。

Keep2r Networkのユニークな点は、その契約の形態にある。まず、仕事としてネットワーク上に登録され、その中から利用可能な仕事をピックアップするためにKeeperが登録するという、二段階制が取られている。また、各Keeperは、収益性の高いと思われる取引に基づいて、独自のルールやインフラを設定することもできる。

プラットフォーム上の仕事は、Keeperからのアクションを必要とするスマート・コントラクトの形をとっている。これらの契約は適切に実行されるように設計されており、一度登録されるとKeeperがアクションを起こすことができる。

完全分散型

Keep2rは完全分散型で、スマートコントラクト(ジョブ)の作成・実行にはメンバーが関与している。労働者に必要なのは、Keeperとしての登録をすることだけである。登録はKPRトークンなしで実行でき、ユーザーは契約を通して参加することができる。

3日間の契約期間で始まり、その後Keeperとして活動することができる。このプロセスが完了すると、タイムスタンプがKeep2rブロックチェーンネットワークに登録される。

一方、ジョブの作成は柔軟性があり、関係者全員にインセンティブの仕組みが保証されている。これは2つの異なるアプローチによって実現されており、1つ目はガバナンスを介して、契約を仕事として含めるための提案を提出する方法である。ガバナンスが承認されれば、ネットワーク上に仕事として登録される。

2つ目の方法は、Keep2r契約を介して仕事を登録する方法である。しかし、この方法は複雑で、関数引数のアドレスで指定された仕事のためにガバナンス投票の必要が生じる。また、14日ごとの仕事リクエストの制限もある。

支払いは、ネイティブトークンKP2Rでの支払い、Ethereumを使用した支払い、流動性を提供するトークンを使用した支払いの3つのメカニズムによって行われる。

KP2Rトークン

Keep2r Networkは、スマートコントラクトの開始や、プラットフォーム上での報酬の支払いのために使用されるネイティブトークンKP2Rによって成り立っている。KP2RはEthereumブロックチェーンネットワーク上に構築されたerc-20トークンである。

これとは別に、トークンは賭けることもでき、Uniswapを含む人気のある取引所で交換することもできる。

結論から言うと、Keep2r Networkはその革新的なアイデアで、分散型プラットフォームの愛好家にとって理想的なプラットフォームと言える。トークンの詳細はCoinMarketCapで、アプリケーションについてはウェブサイトで確認できる。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る