はじめに

ビットコインの価格は、16%も上昇した後、2021年になってからもさらに8%以上上昇した。CoinGeckoによると、ビットコインが過去最高価格である358万円を突破してから24時間も経たない間に大幅な8%の下落があり、一時的に価格が300万円を下回ったことは注目に値する。

当記事執筆時点で、BTC / JPYは約3,194,000円で取引されている。また、CoinGeckoによると、昨日から1日あたりの出来高は38%増加し、7兆円から9.7兆円に増加した。

ビットコインの価格のこのローソク足の芯は、私たちの予測価格範囲をわずかに下回った。しかし、昨日、400万円を超えると20%の大幅な後戻りが発生する可能性が高いと私たちは考えていたにもかかわらず、下方調整がまだ続いていると述べた。

最近の価格下落の主な要因は何であろうか?アナリストのMati Greenspan氏がツイートで述べたように、より多くの買い手が結果的により高い価格を招いたのである。したがって、価格下落の主な理由は売り手が増えていることである。

もう少し深く掘り下げると、問題の原因は古いコインのようであり、それらの古いコインは現在再び動きはじめており、取引所に行く可能性が高いことがわかる。Glassnodeのビットコイン・デイズ・デストロイド(Bitcoin Days Destroyed、BDD)と呼ばれる指標は、コインが休眠している日数を測定し、過去2日間で古いコインの移動数が急増していることを示している。

さらに、CryptoQuantのBTC: すべての取引所のネットフローチャートによると、取引所へのネットフローはプラスであり、ユーザーが引き出しているよりも多くのビットコインが預けられていることを意味する。

取引所へのネットフローは通常、人々がコインを売却しているときに発生する。良いニュースは、これはBTC / JPYが成長する余地が十分にあることを意味するということである。

売り手がいなくなり新規参入者が市場に出てくるまで、ビットコインの価格にはある程度の不確実性があるということを述べて、この冒頭の締めくくりとしたい。ビットコインが10%以上の大幅な反落を経験する前に、BTC / JPYが4,000,000円に近づくか、もしくはこの重要な価格範囲を超える可能性があると私たちは考えている。

BTC / JPYは、以下の条件を満たしている限り、引き続き上昇すると私たちが確信しているということを念のためリマインドさせて頂きたい。

● BTC / JPYは、20日EMA(赤)、50日EMA(緑)、200日EMA(青)を上回った状態を維持すること。
● BTC / JPYが3,000,000円を下回らないこと。
● BTC / JPYの1日の出来高が21日MAを上回った状態に戻ること。

トレーダーたちの見解についての分析

AngeloBTC氏(暗号資産分野における伝説的な半引退トレーダー)

AngeloBTC氏は自身の投稿で、ビットコイン価格のチャートを共有し、予測をたてた。同氏は、BTC / USDが上昇し、今後数日間で38,000ドルに達すると考えている。同氏の分析が成り立つ場合、これはビットコインの価格が23%上昇することを意味する。

次の価格目標が40,000ドル近くになるため、これは非常に強気だ。それは、BTC / USDが40,000ドルから50,000ドルの間になると、少し長引く下方調整が起こるかもしれないという私たちの主張にさらなる勢いを与えるだろう。

NebraskanGooner氏(ElevateTradingの共同所有者)

NebraskanGooner氏は自身の投稿で、ビットコインの週足チャートを共有した。価格が同じように動くと同氏が信じているフラクタルと下部にRSIを追加した。

Investopediaによると、「フラクタル市場仮説(FMH)は、金融市場、特に株式市場が周期的で反復可能なパターンに従うことを示している。EMHと共通していることの1つは、どちらの理論も投資家との情報の普及に大きく依存しているということである。そこから、それぞれ異なる道をたどる。」このマーケット分析レポートで以前説明したように、フラクタルなどの一部のパターンは繰り返される傾向がある。

NebraskanGooner氏のチャートは、AngeloBTC氏が上記に記載したものと一致している。ビットコインの価格は上昇傾向を続けるだろう。したがって、このフラクタルパターンはそれに応じて発展する可能性があると私たちは考えている。

それにもかかわらず、RSIや Fear and Greed Index(恐怖と欲望の指数)といったような他の指標が、市場が極端に買われすぎているだけでなく、見逃すことへの恐怖(FOMO)が価格を押し上げ続けていることを示しているため、私たちは皆さんが慎重になることを促したい。

トレーダーと投資家は、「うぬぼれが2倍なら、転落(の落差)も2倍だ」ということを覚えておく必要がある。

Willy Woo氏(暗号資産アナリスト)

Woo氏は自身のツイートで、私たちが以前紹介した昔の投稿についてコメントした。同氏はビットコインの価格の30〜40%の下方調整は今後二度と起こらない可能性があるため、投資家とトレーダーは20%の下落をうまく利用する必要があると述べた。

非常に興味深いのは、28,000ドルに向けた昨日のローソク足の芯が、Woo氏が述べた20%の後戻りだったということである。価格が暴落した直後はどうなったか?すぐに回復し、30,000ドルを超えたのである。

これは、30,000ドル未満の価格で非常に多くの買い手がいることを証明している。これは素晴らしいニュースである!

Max Keiser氏(Heisenberg Capitalの共同創設者)

Keizer氏は自身の投稿で、本日のテーマを私たちの信念にぴったりな価格予測で締めくくっている。同氏は、BTC / USDが現在42,000ドルに向かっていると考えている。Keizer氏が正しければ、40,000ドルから50,000ドルの価格水準が個人投資家FOMO(見逃すことへの恐れ)の主要な推進力になるという長期予測が試されることになる。

ビットコインがそのような高い評価に達すると、2つのことが起こる。

  • 今まで保有されていたコインが大量に売却される
  • 多くの新しい、経験の浅い買い手がビットコイン市場に参入する

したがって、市場参加者には明確な出口戦略を立てることをお勧めするが、決して保有しているビットコインのすべてを売却することはしないようにアドバイスする。時々利益を得るということを選ぶ場合、上昇トレンドに乗ることは非常にストレスのないものになりえる。

ビットコイン価格予測

CoinGeckoによると、ビットコインの価格は、3,580,000円で取引されたときに更なる記録を更新した後、約14%の大幅な下落となった。週末に史上最高値を更新した後、BTC / JPYはさらに高い価格帯まで上昇を続けたが、昨日は大幅な後戻りに見舞われた。

CoinGeckoによると、過去24時間で、ビットコインの価格は約3,239,000円で取引された。それだけでなく、BTC / JPYは過去12か月で300%以上上昇しており、これは非常に目覚ましいパフォーマンスである。これは、ビットコインの価格が昨年から4倍になったことを意味する。

昨日、私たちはビットコインの価格が400万円に向かってさらに動くと予測した。しかし、逆のことが起こり、価格は下落となった。

素晴らしいニュースは、BTC / JPYが大幅な後戻りをした際に、300万円を超えるサポートが見つかるのではないかという私たちの疑いを確認したことである。

上記したように、現在の下方調整の主な理由は、古いコインが取引所に移動したことに起因する可能性がある。つまり、ホドラーは予想通り、ある程度の利益を上げていることになる。先週、大量の買い手が流入してきているのは、おそらく、機関投資家によるFOMO(見逃すことへの恐れ)が原因であり、それが上昇傾向を推進していることが見て取れた。この上昇傾向はまもなく再開すると私たちは主張する。

24時間以内の価格変動

うまくいけば、BTC / JPYは上昇傾向を維持し、すぐに350万円の価格帯を上回るであろう。上値として、4,000,000円を超えることはないであろう。なぜなら、10%以上の上昇が必要になるためである。

一方、3,000,000円を大きく下回るシナリオも薄いと予想する。なぜなら、このサポートレベルで非常に多くの買い注文があるためである。

最後に、可視範囲出来高(VPVR)は、2,700,000円から2,900,000円の間、さらに2,200,000円から2,500,000円の間の大量の買い注文を示している。つまり、状況が大幅に悪化しても、BTC / JPYは2,200,000円を下回ることはないだろう。

念のため、ビットコインの価格は引き続き上昇すると私たちは考えているが、トレーダーはビットコインが非常に値動きが荒く、一時的な価格下落が簡単に起こる可能性があることを覚えておく必要がある。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。
・本記事はかそ部が提携する海外アナリストからの情報を日本語訳した情報となります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語完全対応の海外取引所!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • 公式アプリで快適な取引ができる!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る