Binanceが記録的な取引量に到達

世界最大の取引量を誇る仮想通貨取引所Binanceの最高経営責任者であるChangpeng Zhao氏は1月4日、24時間の取引活動が800億ドルに達したとの記録を報告した。CZ氏はTwitterで、最近の活動を前回の記録的な強気サイクルが起きた時期の取引量と比較し、今回の取引日が2017年11月15日から2017年12月15日までの取引所で処理された取引量の4倍に相当することに注目した。


CZ氏のツイートに先立つ24時間で、Binanceのスポット取引量は236億ドルを超え、デリバティブ取引量は570億ドル近くに達した。マイルストーンにもかかわらず、同氏は記録的な取引量の中でプラットフォームに障害が発生したことを認め、次のように述べた。

「今日、いくつかのスケーリングの問題が発生した。おそらく今後も成長を続けていく中で、より多くの問題が発生すると思われる。我々は完璧ではないが、できるだけ早く修正していきたい。」

前代未聞の取引活動に加え、1月4日にはBinanceが10分で1億9000万ドルの清算を処理し、その影響でBTCがすぐに3万ドル以下に暴落したこともあった。Binanceの記録的な出来高は、ビットコインが過去の史上最高値を50%以上上回った後3万ドル以上で安定し、Ethereumが2018年1月以来初めて4桁の価格を取り戻したことを要因とする。

値動きの利益はDeFiセクターに流れているようで、分散型金融プロトコルにロックされている米ドルの合計値 (TVL) は、12月の開始時の125億ドルから現在は180億ドル近くまで上昇している。

一方で、DeFiにロックされているBTCの数は10月下旬の過去最高の65,000から今日では25,000以下に減少しており、ETHは11月中旬のほぼ900万から今日では680万に減少した。

FTXも100億ドル以上の取引を記録

同日、仮想通貨デリバティブ取引所FTXの最高経営責任者 (CEO) で創設者のSam Bankman-Fried氏は、同取引所がその日に業界最大手の5つの取引所で生産された1800億ドルの取引量のうち100億ドル以上を処理したと報告した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る