Skybridge Bitcoin Fundの運用資産が3億1000万ドルに増加した。同社は、ビットコインが金のデジタル代替品となることを期待し53.5万ドルで評価している。また、同社は今年中にビットコインの価格が10万ドルに達すると予測している。

Skybridgeがビットコインに3億1000万ドルを投資

ニューヨークに本社を置くSkybridge Capitalは、個人や機関投資家に投資ソリューションを提供するグローバルな投資運用会社だ。同社は月曜日、外部投資家に向けビットコインファンドをローンチしたことを発表した。「Skybridge Capitalは、リリース時点で約3億1,000万ドルと評価されるビットコインファンドを開始した。」

Skybridge Bitcoin Fundの手数料は0.75%で、インセンティブ料は無料となっている。最低投資額は50,000ドルで、認定された個人投資家や機関投資家は、ウェブサイトで直接このファンドに申し込むことができる。Fidelityが同社のビットコインのカストディアンを務め、Ernst&Youngがファンドの監査を行う。

SkybridgeのRay Nolte最高投資責任者 (Chief Investment Officer) は、「世界的な貨幣増刷が史上最高潮に達している中、ビットコインは価値の貯蔵庫として、また将来のインフレに対するヘッジとして、金に代わる強力な選択肢を提供している。」とコメントした。

ビットコインは535,000ドルの価値を持つ

Skybridgeの創業者でありマネージングパートナーのAnthony Scaramucci氏は月曜日、「ビットコインはエキサイティングな新しい資産クラスへと成長するだろう」と語った。スカラムーチは以前、Donald Trump大統領のコミュニケーション・ディレクターを11日間だけ務めていた経験を持つ。彼のコメントは、Business Insiderで次のように引用された。

「私は来年12月31日までにビットコインが10万ドルになると見ている。これは以後ビットコインが不安定にならない、という意味ではなく、これが金の代替品であることが正しければ、時価総額5兆ドルの金の半分以下の価値で取引されるはずだ。そして、ビットコインは指数関数的な上昇を始めるだろう。」

これはつまり、「金は現在10兆ドルの時価総額を持っており、同じように評価された場合、ビットコイン1個の価値は53万5000ドルになる」ということだ。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る