Ethereumが仮想通貨市場の強気ムードに乗った。今日のトレーダーは価格を押し上げ続け、ETHは1コインあたり1,215ドルを超えた。これは、2018年1月27日にETHの価格が1,400ドル前後の史上最高値を記録して以来、2番目に強気のローソク足である。当時、ETHは価格修正に失敗し、史上稀に見る下落を誘発した。


参照:decrypt.co

しかし、それは所詮当時の話であり、今は今の話だ。楽観的なトレーダーや投資家はビットコインのポジティブな勢いに打ち勝ち、その結果、2020年初頭からの仮想通貨の上昇トレンドを維持してきた。

2021年が始まってもその勢いは止まらず、Ethereumは新年初めから市場で最も重要なaltcoinとして価格パフォーマンスの面でブームとなった。Ethereumの市場成長は指数関数的なもので、1コイン737ドルから1週間足らずで現在の価格まで上昇した。

指標を見ると、相対的な強さ指数 (RSI) が高いレベルにあり、まだ成長の余地が十分にあることがわかる。高いRSIは、トレーダーが現在、仮想通貨を購入するために急いでいることを示す。これは一方で、彼らが最終的にそれを販売し、価格低下が予想される可能性もある。このことが一部のトレーダーが慎重である理由だ。

チャート以外にも、Ethereumには楽観的な見方が広がっている兆しがある。Ethereum 2.0のローンチは、開発者の仕事とエコシステム全体の成長の可能性に自信を与えた。このマイルストーンは、ビットコインの半減 (4年に一度の出来事) に匹敵するほどの影響力を持ち、市場の期待を裏切らない通貨のインフレ率を維持している。

同様に、分散型金融 (DeFi) の発展とステーブルコインに関する米国連邦規制当局の承認は、機関投資家の観点からも、ビットコインに代わる良い選択肢としてEthereum後押ししていくだろう。

市場のセンチメントという点でもEthereumはこれまで以上に好調だ。Googleの検索傾向からもわかるように、この資産への関心は過去最高を記録している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る