ブルームバーグの報道によると、デジタルアセット企業のBakktはSPACとの取引を通じた公開市場への参入を検討している。

インターコンチネンタル・エクスチェンジのベンチャー企業であるBakktは、ブランクチェック企業であるVPC Impact Acquisition Holdingsとの合併による株式公開に向けた協議を進めているとのことだ。この取引は来週発表される可能性があり、合併した企業の価値は20億ドル以上となる。

Bakktはビットコインの先物やオプションなどのデリバティブ商品で知られている。同社は、ポイントやビットコインにまたがる幅広い仮想通貨の小売アプリを開発してきた。ギャラクシーデジタル、ボストンコンサルティンググループ、CMTデジタルベンチャーズ、パンテラキャピタルなどの投資家から3億ドルを調達している。

ブルームバーグの報道によると、SPACはビクトリーパーク・キャピタルと提携している。2020年に設立され、元アンタレス・キャピタル共同CEOのJohn Martin氏が率いる。昨年末にゴールドマン・サックスがまとめたデータによると、米国での新規上場による調達額1400億ドル以上のうち、SPACsは52%以上を占めている。


参照:the block

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る