ビットコイン(BTC)の価格はここ数日、数週間で劇的に上昇し、最近では40,000ドルを超えた。ベンチャーキャピタリストで億万長者のChamath Palihapitiya氏によると、政府の権限に大きく左右されない資産であるビットコインは、世界的な不確実性に対するヘッジであるという。

Palihapitiya氏は、可能性のある5年から10年の時間軸を挙げて、ビットコインはどこかの時点で20万ドルに到達すると考えていると述べている。「理由は、このようなことが起こるのを見るたびに、私たちの指導者たちが以前ほど信頼できず、信頼できないことを思い知らされるからです。万が一に備えて、我々は本当に必要なのは、ある種の保険を枕元に置いておくことです。」と、彼は木曜日のCNBCのインタビューで語った。彼は付け加えた。

2020年にパンデミックが世界を襲って以来、世界中の政府はその経済的影響に対抗するために様々な対策を講じてきた。特に米国は、巨額のドルを刷り込み、支出しました。ボーダレスで国民によって運営されているビットコインは、中央集権者を必要とせず、保有者が自ら資金をコントロールすることを可能にしている。さらに、2020年10月にフィデリティは、ビットコインが金や株式などの他の市場との価格相関性がないことを示すレポートを発表した。

「最終的にはもっと重要なものに移行するでしょうが、今のところは、このことを証明するデータポイントをすべて得ているだけです。」とPalihapitiya氏はビットコインについて述べている。

2020年に入ってから、大手プレイヤーがBTCに興味を持つなど、仮想通貨の採用が目立ってきた。しかし、シャークタンクのKevin O’Leary氏のような影響力のある金融関係者の中には、規制が潜在的な問題であることを挙げて、まだビットコインに懐疑的な見方をしている人もいる。

米国商品先物取引委員会は以前、ビットコインをコモディティとして分類していたが、最近の行動は自己管理のデジタル資産ウォレットを制限する政府の提案にも表れているように、仮想通貨空間に対する規制の監視が強化されていることを示している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る