ビットコインが修正後、サポートレベルを取り戻す

ビットコインは、41,000ドル台から直物為替の安値は34,000ドル付近、先物為替の安値は35,000ドル付近まで下落する、という極端な修正に直面し、15%以上の損失を出した。

多くの人は、これはより大きな修正の前触れだったと考えただろう。通貨が安値付近にあるにもかかわらず、BTCの先物取引所で見られる資金調達率やプレミアムは非常に高く、下降が続く可能性が高かったからだ。しかし、ビットコインは買い手が一斉に参入したことですぐに上昇に転じた。アナリストによると、BTCはそれ以来、重要なサポートレベルを取り戻したようだ。

あるトレーダーは、ビットコインが15分チャート上のテクニカルサポートレベルを取り戻したことに注目し、下のチャートを共有した。これがサポートレベルのすべてではないが、このことは進行中の回復を後押しする可能性があると楽観的に見られている。

しかし、ビットコインは現在進行中の回復に終止符を打つ可能性のある、いくつかの上値抵抗に直面している。


参照:bitcoinist.com

クールダウンの必要性

オンチェーンのデータを見ると、短期的な修正や中期的な統合が続く可能性が高いようだ。オンチェーンアナリストのPhilip Swift氏は最近、オンチェーンに焦点を当てた主要な指標を示し、仮想通貨が過熱レベルに達していると指摘した。下のチャートを参考に、彼はこの問題について次のように述べた。

「私は市場が過熱レベルに近づいていると感じている。観察すべきデータポイントの一つがMVRV Zスコアという、市場価値と実現価値の間のデータセットの極端な値を見るものだ。…Zスコアがレッドゾーンに入ると市場のトップを示していることがわかる。まだそこには到達していないが、価格がもう少し放物線的な日があれば、すぐレッドゾーンに届くだろう。」


参照:bitcoinist.com

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る