eToroのユーザーは、金曜日にプラットフォームの証拠金取引サービスが停止されることを停止のわずか4時間前に通知された。eToroは1月8日4:46 UTC、ユーザーに対しマージン担保を100%に増やすよう通知するメールを送信した。そして、プラットフォームは午後9時までにマージン担保を100%に増やさなかった欧州の仮想通貨トレーダーの契約を終了した。

同社が証拠金取引を呼び出すと、ユーザーの仮想通貨は自動的に米ドルに変換された。eToroのスポークスウーマンであるAmy Butler氏は、当時ビットコインの価格は当時42,000ドルに近づいていたため、「ほとんどのトレーダーは黒字だった」と述べている。

否定的な意見も

しかし、Fordhamフォーダム大学の法学部教授であるJurij Toplak氏は、レバレッジをかけた仮想通貨商品を求めるEToroのユーザーが将来的な利益を逃すことになると警告し、次のように述べた

「今回の処置によってユーザーには将来多くの損失が発生する。ビットコインが今、7万ドルまで上昇した場合、ユーザーはこのお金を得る手段がないからだ。」

トップの市場をショートしようとしていたEToroのユーザーは、重要な利益機会を逃してしまった、というわけだ。

他のトレーダーもeToroの短期通知決定の潜在的な影響を強調している。TwitterユーザーのPhill Gallagher氏は、現地時間の午前2時30分頃に信用取引の電子メール通知を受け取ったという。

「これは、少しの通知で管理されていた可能性があり、大きな税金の問題につながりかねない、プロフェッショナルとは言えない行動だった。私は今、新しい取引プラットフォームを探しているところだ。」

同日、同プラットフォームはまた、新規ユーザーからのサービスに対する「前例のない需要」を理由に、最低入金額を一時的に4倍に引き上げた。EToroは最近、1月の第1週に20万人の新規口座登録を獲得したとし、1日の仮想通貨取引量が2020年の平均を10倍以上も上回っていると発表していた。


仮想通貨業界の多くのTwitterユーザーは、この動きが主に初心者トレーダーに影響を与えると指摘し、最低入金額の引き上げについてeToroに批判的だった。

Twitterユーザーのeverntmulder85は「これが良い考えだとは思えない。初心者にとってのプラットフォームの魅力は少額でも始められることだ。1,000ドルは決して小さくない。」と述べている。

EToroは、「収益を5億ドルに倍増」し、昨年500万人の新規ユーザーを獲得したと報じられた後、今年の第2四半期に新規株式公開の準備をしていると噂されている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る