はじめに

本日の早朝、新たな売り手が市場に参入したため、ビットコインの価格は15%の下落となった。日曜日に始まった短期的な弱気トレンドにより、価格がほぼ30%引き下がり、その日の安値は3,008,000円近くにまで達した。

そこまで下落した後、当記事執筆時点では、価格は10%回復した。 先週、ビットコインの価格は大幅に上昇した。CoinGeckoによると、週末の間にビットコインは4,357,000円の史上最高値に達した。

当記事執筆時点で、ビットコインは4,000,000円をはるかに下回る3,388,000円で取引されている。1日あたりの出来高は6兆円から11兆円へとほぼ100%の大幅な伸びを示している。

昨日予測したように、ビットコインの価格は、3,200,000円を下回ったマイナーなローソク足の芯を除いて、青い取引範囲内にとどまった。また、月曜日の最低値からさらに10%下落するとの推測も正しかった。

過去24時間でBTC / JPYが15%下落したが、2,700,000円へ向けてさらに20%下落する余地があることを忘れないでいただきたい。安全地帯に入ったとはまだ思わない方がいいだろう。ビットコインは、最も期待していないときにトレーダーを驚かす傾向がある。

価格の打撃を説明することができるいくつかの弱気なニュースが本日出た。The Guardianが報道したように、金融行動監視機構(FCA)は昨日次のように述べた。

「仮想資産への投資、またはそれらと繋がっている投資と貸付は、一般的に非常に高いリスクを取ることを伴う。消費者がこれらの種類の製品に投資する場合、すべてのお金を失う心構えをする必要がある。」

FCAが公正な評価を行ったとしても、この言い回しはビットコインや暗号資産だけでなく、あらゆる投資に適用する。もちろん、これらの資産は不安定であるため、損をする可能性は大きい。

価格が4,000,000円に近づいたことで、多くの新たな販売者が集まったことが考えられる。しかし、現在の短期的な傾向はすぐに逆転し、5,000,000円に向かって速度を上げると私たちは考えているということを述べてこの冒頭の締めくくりとしたい。おそらく今週にわたり、買い手は再び戻ってくるであろう。

今のところ、BTC / JPYはさらに10%の後戻りに苦しみ、4,000,000円を超える前に3,000,000円を下回る可能性がある。

BTC / JPYは、以下の条件を満たしている限り、引き続き上昇すると私たちが確信しているということを念のためリマインドさせて頂きたい。

● BTC / JPYは、20日EMA(赤)、50日EMA(緑)、200日EMA(青)を上回った状態を維持すること。
● BTC / JPYが3,000,000円を下回らないこと。
● BTC / JPYの1日の出来高が21日MAを上回った状態に戻ること。

トレーダーたちの見解についての分析

Willy Woo氏(暗号資産トレーダー)

Woo氏は自身の投稿で、BTC / USDのチャートを共有し、その価格は「推定されていたファンダメンタルの底値を30%上回っていた。」と記した。Woo氏は、これらの種類のかい離がある場合、ボラティリティが予想されると付け加えている。基本的に、同氏はビットコインの価格が30,000ドル近くの強力なサポートを持っていると考えている。

「このサポートラインが壊れたときにアクションが始まったのである。」と同氏は締めくくった。したがって、ビットコインが30,000ドルを超える更なる買い手を見つけるまで、急激な下降と上昇が見られる可能性がある。

AngeloBTC氏(暗号資産分野における伝説的な半引退トレーダー)

AngeloBTC氏はビットコインの短期価格に非常に強気である。同氏のTradingViewの分析では、ビットコインの価格がより高い水準に跳ね返り、43,000ドルに達すると同氏は考えている。 しかしBTC / USDは市場を驚かせ、より多くの売り手が到着したことにより、価格を約 30,000ドルに引き戻したのである。

また、ビットコインの価格がまもなく35,000ドルを超えると私たちは考えているため、AngeloBTC氏の分析に同意である。BTC / USDがこの価格帯でサポートを見つけることができる場合、すぐに40,000ドル以上の価格に向かって動くはずである。

Vijay Boyapati氏(ソフトウェアエンジニア、アナリスト)

Boyapati氏はビットコインの2つのチャートを共有した。1つは2016年から2017年のブルランに関連し、もう1つは現在の値動きを示しているものである。この投稿は、前回のブルラン中にビットコインの価格が30%から40%の間で反落したのに対し、現在のブルランでは10%から20%の間でしか下落していないことを強調している。

Boyapati氏は 「これはおそらく、買い手の違いを示している。その違いとは、2017の買い手は個人投資家であり、現在の買い手は機関投資家である。」

Naval氏(初期のビットコイン投資家)

Naval氏の投稿では、ビットコインの価格予測はしていないが、ビットコインの価格が上昇し続けると私たちが考える理由をよく思い出させてくれる。Naval氏が書いたように、「ビットコインを強制することはできない。」ビットコインは使用することを選択した人に力を与えるのである。

「ビットコインは世界で最も重要な実験である」だけでなく、初めてのMoney-Over IP(MoIP)と呼ばれるプロトコルである。つまり、制限や障壁なしに、同じ金融システムで世界の隅々から人々を結びつけ、参加者が自分の資金の主導権を握り続けることができる場所なのである。並外れた技術ではないか?よって、ビットコインは他のすべての通貨に勝るのである。

ビットコイン価格予測

CoinGeckoによると、先週、ビットコインの価格は17%以上の高騰を見せ、週末に4,357,000円で取引された際に過去最高価格を更新した。CoinGeckoによると、過去24時間で、ビットコインの価格はさらに下落して約3,416,000円になった。最近ビットコインを売却し始めた売り手の数が非常に多いため、週末以降、ビットコインの価格は、20%以上下落した。

昨日、保ち合いなる前に、ビットコインの価格がさらに10%下がると予測した。まさにその事が起こったのである。現在のこの短期的な弱気の時期は、ビットコインが上向きに戻る前に1日か2日続く可能性がある。

BTC / JPYは、週末、または遅くとも来週初めには4,000,000円を超えることが予想される。最近起きた下落は、より多くの機関投資家を含む多くの新規の買い手を引き付けるであろうと私たちは考えている。

本日、私たちは多くのトレーダーとマクロアナリストが短期的に価格がどう変動すると考えているのかについて議論した。答えはかなり弱気である。ほとんどのトレーダーは、主要なサポートゾーンに到達するまで価格がさらに下落すると予想している。ただし、嵐が一掃されると、ビットコインの価格は40,000ドルを超えるはずであることにほとんどの人が同意している。

この最近の下落をうまく利用して、より多くのビットコインを読者の皆さんが買い集めることができることを願っている。

24時間以内の価格変動

上のグラフにあるように、ビットコインが3,900,000円を大きく上回ることはないであろう。つまり、ビットコインが明日4,000,000円に達するとは思わないということである。一方、2,700,000円から3,000,000円の買い注文が多いため、2,900,000円を大きく下回ることはないと私たちは予想している。

最後に、可視範囲出来高(VPVR)は、2,700,000円から2,900,000円の間、さらに2,200,000円から2,500,000円の間の大量の買い注文を示している。つまり、状況が大幅に悪化しても、BTC / JPYは2,200,000円を下回ることはないだろう。

BTC / JPYはまもなく回復し、1週間以内に4,000,000円を超えると私たちが考えているということをリマインドさせて頂きたい。それでも、現在の反落により回復を開始する前に、ビットコインの価格が3,000,000円近く、またはそれ以下になる可能性があることを念頭に置いていただきたい。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。
・本記事はかそ部が提携する海外アナリストからの情報を日本語訳した情報となります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語完全対応の海外取引所!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • 公式アプリで快適な取引ができる!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る