米国証券取引委員会(SEC)との訴訟が続いている中、RippleはXRP Ledgerを中央銀行に提供する取り組みを進めている。

同社は、San Francisco、New York、Londonの各オフィスに1人ずつ、合計3人の中央銀行テクニカル・パートナー・マネージャーを募集している。新しいポジションに就く人は、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)プロジェクトの設計と展開を担当することになる。

Rippleは、銀行がXRP Ledger(XRPL)上でステーブルコインを発行できることに言及している。

「支払いのために構築されたXRPLは、Issued Currenciesと呼ばれる独自の代替可能なトークン機能で、ステーブルコインの発行をサポートするためにも使用することができます。Issued Currenciesは理想的なステーブルコインプラットフォームとして設計されており、安定コインを含むあらゆる資産の作成、発行、管理を容易にし、シンプルながらも豊富な管理機能を発行者に提供します。」

先週、OCC(Office of the Comptroller of the Currency)は、銀行が独立したノード検証ネットワーク(INBN)のノードとして機能しながら、支払いにステーブルコインを使用できることを発表した。

離職率が高いことで知られるRippleは現在、計27のオープンポジションを募集している。また、同社は先日、Devraj Varadhan氏を新たにエンジニアリング上級部長として採用した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る