ビットコインの富豪トップ100のアドレスが過去30日間で16%以上のビットコインを蓄積し、ますます強気になっている。これらのアドレスは合計で33万4000個のビットコインを追加し、約110億ドル相当のビットコインを保有した。

それらはすべて個別のクジラというわけではない。アドレスには、Huobi、Binance、Bittrex、Krakenなどの取引所が管理する少なくとも10のものが含まれる。残りは機関投資家と富裕層が混在していると考えられており、2つを区別することはほとんど不可能である。しかし、はっきりしているのは、大手は価格やセンチメントに簡単に影響されないということだ。

大多数のアドレスは、ビットコインの最近の価格が41,000ドルから33,000ドル以下に下落したことにほとんど反応しなかった。過去最高を記録した直近の1月10日以降、ウォレットからの送金を行ったのは7つのアドレスのみだった。過去30日間に取引を行ったアドレスのうち、12月12日以降に10件以上の取引を行ったアドレスはわずか8件だ。

驚くべきことに、最大のアドレスの多くはまだブルランを見ておらず、トップ10のうち8つは2018年9月よりも遅い時期に最初の取引を受けている。トップ100の中で最も新しいものは、わずか2ヶ月前のものだ。

トップ10の動向

ビットコインアドレスのトップ10は皆、3億3,600万ドル以上のBTC (約22億ドル) を保有している。中にはサトシ・ナカモト氏のものと思われるものもあり、注目を集めているところだ。

手付かずの94,506BTCを持つ3番目に裕福なアドレスは、Glassnodeがウォレット内の73,000BTCがHuobiから送金されたことを報告した後、2019年9月に戻ってヘッドラインを作成した。それは最もリッチな非交換アドレスであると推定されていた。

これらのアドレスは現在250万BTC以上 (流通供給量の13.5%) を管理しており、その価値は850億ドル近くに達しているが、その中には休眠アドレスが15個含まれている。そのうち11個は9年以上前のものだ。これらのアドレスが保有する30万BTCが失われたことを証明できる人はいないが、ほとんどの人はそう推測している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る