同社によると、清算されたXRPの現金収入は信託の株主に分配されるという。

世界最大の仮想通貨運用会社であるGrayscale Investmentsは、XRPトークンが連邦証券法上の有価証券であると主張する米国証券取引委員会(SEC)のRipple Labsに対する訴訟を受けて、同社が保有するGrayscale XRP信託の解体に着手したことを発表した。

同信託の清算されたXRP(+2.63%)からの現金収入は株主に分配されるとGrayscaleは述べているが、収入の見積もりは発表していない。1月8日のSECのファイリングによると、XRP信託は約3年間で70人の投資家から1,920万ドルを調達したという。清算時のファンドの価値は明らかにされていない。

Grayscaleは、2013年以来、13億ドルのトークン売上を預金してきたXRPの発行体であるRipple Labsに対して、SECが2020年12月に訴訟を起こしたことが、今回の解体の原因だとしている。この訴訟により、XRPにとって敵対的な市場環境が形成されてしまった。

「信託を含む米国の投資家にとって、XRPを米ドルに換金すること、すなわち、信託の事業を継続することもますます困難になる可能性が高い」とGrayscaleは述べている。Grayscaleは1月初めに、同社の大型仮想通貨ファンドからXRPを削除していた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る