IHS MarkitのAdam Kansler社長は、金融情報誌Wednesday earnings callで、同社が仮想通貨のインデックスゲームに参加しようとしていることを認めた。

彼は、IHS Markitがすでに仮想通貨の価格設定と参照データを得るためにLukkaのような仮想通貨会社と「戦術的パートナーシップ」を持っていると述べた。これらのデータポイントは顧客のポートフォリオの価値を高めるために使用しているとしたが、これは仮想通貨のインデックス製品の基盤を形成する可能性がある。

Kansler氏は仮想通貨業界に関して、「この分野は、バリュエーションの面だけでなく、近い将来にはインデックスの面にも力を入れていきたいと考えている。」と語った。

IHS Markitの幹部はビットコインには世代を超えた勢いがあることを認めている。Lance Uggla会長兼最高経営責任者 (CEO) は、IHS Markitの若手から仮想通貨の分野への進出を求める声が上がっていると述べた。

IHS Markitは、複数の面で仮想通貨に対する姿勢を強めようとしている。11月には、ウォール街向けの仮想通貨データ製品を開発するためにLukkaと提携した。また、IHS Markitを440億ドルで買収することで合意したS&P Globalのユニットは、すでにLukkaと共同で仮想通貨インデックス商品を構築する計画を持っている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る