「伝統的なCrypto-Pumpグループは、WallStreetBetsによってコピーされ、正当化されている」と、Kenetic Capitalの共同創設者でマネージング・パートナーであるJehan Chu氏がCoinDeskに語った。

XRPは最近GameStopの株で見られたまとめ買いのような動きで、土曜日に急騰した。CoinDesk 20のデータによると、同通貨は0.50944ドルに56%も跳ね上がり、12月22日以来の最高水準を記録した。これは2017年12月21日以来の1日の上昇率としては最大のものだった。

二桁の価格上昇は、土曜日に誕生したBuy & Hold XRP (+17.67%) (t.me/pumpxrp)と呼ばれるTelegramベースのグループによって煽られた可能性が高い。このグループのメンバーは、最初の24時間以内にTelegramの20万人の上限に達し、異なるリンクを持つ新しい公式チャンネル(t.me/pumpxrpofficial)への移行を余儀なくされた。

「伝統的なCrypto-Pumpグループは、WallStreetBetsスタイルのまとまった買い行動によってコピーされ、正当化されており、現在はdogecoin (DOGE, +30.01%)からXRPに視線が向けられています」と、Jehan Chu氏は述べた。

古典的なパンプ&ダンプ戦術は、仮想通貨においても目新しいものではなく、特に強力な支持者を持つXRPにとっては、以前から見られていた。しかし、XRPの支持者の士気は、WallStreetBetsと呼ばれるRedditフォーラムに基づくアマチュアデイトレーダーのグループによって高められたかもしれない。WallStreetBetsは最近、ビデオゲーム小売業者Gamestopに対してまとまった買い攻撃を行い、ショートスクイーズを引き起こしてヘッジファンドに大きな損失を与えた。

ショートスクイーズのターゲットとなったGameStop (GME)は、先週400%近く急騰し、前週の83%の上昇を延長し、規制当局からの不本意な注目を集めた。一方、仮想通貨のdogecoinは、XRPの急騰の1日前に800%急騰した。データによると、まとめ買いの戦術がレガシー市場を民主化し、仮想通貨市場に戻ってきていることを示唆している。

Buy & Hold XRPグループのメンバーが、同通貨を保有し続けることでグループ名に忠実であり続けるかどうかは、注目するべきポイントである。記事公開時点では、XRPは0.45ドル付近で取引されている。この価格の上昇は、12月下旬に米証券取引委員会がRipple Labsに対する訴訟を提起した後に観測された0.55ドルから0.20ドルへの急落を、ほぼ帳消しにしている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る