同社の株式は、Citigroupのアナリストによって格下げされた12月8日以来、約113%急騰している。

2020年12月8日、世界最大級の銀行であるCitigroupは、Microstrategyの株式(MSTR)を格下げした。それ以来、ビットコイン(BTC)の価格が上昇したことで、MSTR株は289.45ドルから617.31ドルへと113.27%上昇している。

また、同期間で、Citigroupの株は58.36ドルから57.99ドルへと0.63%の小幅下落となっている。


MSTR株 対 BTCとナスダック
出典:Cointelegraph

なぜMicroStrategy株はここまで堅調に推移しているのか?

MicroStrategyは、BTCを財務準備資産とし、その保有資産をビットコインに投資してきた。現在の価格で約24億ドル相当のBTCを70,000以上保有しており、上場企業の中では最大の保有者となっている。

さらに、2020年12月9日に、MicroStrategyは転換社債から5億5000万ドルの資金を調達することを発表していた。

MicroStrategyは公式声明の中で、債券の手取金でビットコインに投資する意向を明確に述べた。これは、CitigroupがMicroStrategyを格下げするきっかけになったとも言われている声明である。声明文には次のように書かれていた

「MicroStrategyは、運転資金の必要性やその他のコーポレート目的が特定されるまでの間、財務準備方針に基づき、債券の売却による純収益をビットコインに投資する意向である。」

当時、CitigroupのアナリストであるTyler Radke氏は、「Sell」評価を下していた。同氏は、MicroStrategyのビットコイン投資のリターンが「期待以上」であることを認めつつも、市場は同社のコアビジネスを過大評価していると述べた。

「MSTRのビットコイン投資は、20年8月以来、2億5000万ドル(1株あたり26ドル、または株式に対して20%の価値)のリターンを得ています。期待以上の水準ではありますが、株式の172%のリターンと比較すると淡いものです。現在の株価では、私たちの分析では市場はコアビジネスとビットコインのためにはるかに楽観的な評価シナリオで価格設定していることを示唆しています。」

しかし、2020年12月以降、ビットコインの価格は爆発的に上昇した。Microstrategyのコアビジネスに対する懐疑的な見解には多少のメリットがあるかもしれないが、BTCは2020年最後の月に100%を超える上昇を記録した。

12月だけで、ビットコインはBinanceで1万8,319ドルから4万2,000ドル以上まで暴騰し、株式市場と仮想通貨市場の両方でほとんどの資産を上回った。

これからどうなるのか

Microstrategyは数十億ドル規模の重要なビジネスインテリジェンス企業であり、強力なコアビジネスを展開しているとに変わりはない。しかし、ビットコインの価格が短期的に上昇し続ける限り、MSTRの株価にプラスの影響を与える可能性が高い。

MicrostategyのMichael Saylor最高経営責任者(CEO)は、ビットコインに対する同社の姿勢に十分な自信を持ち続けており、価格が下がったときにはしばしば買いを入れている。Saylor氏は2020年の第4四半期決算で次のように書いている。

「今後もビットコインを保有し、追加の余剰キャッシュフローをビットコインに投資する計画を立てています。さらに、当社の全体的な企業戦略の一環として、ビットコインの追加取得に向けた様々なアプローチを模索していきます。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る