カリフォルニアに居住の49歳のピアツーピアの仮想通貨トレーダー、ヒューゴ・セルジオ・メヒアは、1300万ドル以上のマネーロンダリングと無免許の取引所を運営していた容疑で有罪を認めることに同意した。

米国連邦地検は、2年以上に渡ってビットコインと現金を交換していたことを、有限責任会社(LLC)を利用し、業務の実態を隠蔽していたと告発している。

訴状は、メヒアが2018年5月から2020年9月まで、彼の会社であるWorldwide Secure Communications、World Secure Data、The HODL Groupを使用して、顧客のために少なくとも1,300万ドル相当のビットコインと米ドル間で資金を交換したと告発している。

司法取引書面によると、メヒアは2019年5月から2020年3月までの間に、ビットコインを数万ドルの現金と交換するために法執行機関に協力していたクライアントと交渉していた。

依頼人は2020年3月にメヒアに会った際に、主要顧客がオーストラリアの覚醒剤バイヤーであることを彼に伝えたにもかかわらず取引を快く進めたという。訴状によると、彼は依頼人のために25万ドル以上の価値のある取引を実施したという。

「メヒアと法執行機関に協力していたクライアントは、累積で25万ドル以上の5回のビットコインキャッシュの取引を行ったことを司法取引書面には記載されている。」

依頼人は、合計で25万ドル以上の価値のある取引を少なくとも5回行っていた。

司法取引の一環として、メヒアはカリフォルニア州の自宅で発見された現金約234,000ドルと約95,500ドルの仮想通貨と金属を没収されることに合意した。

この取引では、今後メヒアは「最大でも1つの仮想通貨ウォレットを維持し、その1つのウォレットを個人取引にだけ使用し、オープンパブリックなブロックチェーン仮想通貨の使用と所持に限定し、プライバシーベースのブロックチェーン仮想通貨の使用を制限すること」も義務付けられている。

1月29日金曜日に起訴され、1件のマネーロンダリングと、財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)への登録を怠った無免許の両替所の運営という1件の事例に対して有罪を認める見込みである。

メヒアは3月に米国連邦地方裁判所に出廷し、最高で25年の禁固刑に処される見込みである。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る