これらのステーブルコインの購入は、仮想通貨市場の今後を予言するのに活きるかもしれない。取引所でのDaiとUSDCの残高は、Glassnodeのデータによると、先週、過去最高に達した。

これが、より多くの仮想通貨を購入するために2つのステーブルコインを使用する買い手の計画を反映している場合、残高の増加は、仮想通貨市場全体にとってのブル指標となる可能性がある。Glassnodeによると、取引所でのUSDC(+0.05%)の残高は金曜日に9億1500万ドル以上に達し、一方、分散型安定コインDai(+0.11%)の残高は日曜日に8100万ドル以上に達した。

2月1日付けのGlassnodeの週刊ニュースレターによると、取引所のUSDCは、「USDCだけで約10億ドル相当の購買力を持っており、ビットコイン(BTC, +6.46%)など他の資産の購入に使われる」という。「 この高い数字は、価格が落ちてもすぐに買いが発生することへの投資家の信頼感を高め、ブルの兆候となるはずである」という。

CoinDeskが火曜日に報告したように、一部のアナリストは、ビットコインの価格が今後数週間でブルの方向を指し示すいくつかのオンチェーンの指標を見ている。例えば、取引所のアドレスに保有されているビットコインの量が減少しているということは、売り手側への圧力が少ないことを意味する。

このような場合、他の仮想通貨を購入する前に、政府発行の通貨に裏付けられたステーブルコインを購入することが必要な初手だと考えられている。

「取引所でのUSDCの成長は、トレーダーの間でUSDCが好ましい基軸通貨であるとの見方が増えていること、また、多くの新規フローが取引所での活動から始まっているという事実を反映しています」と、ピアツーピア決済会社Circleの共同創設者兼CEOであるJeremy Allaire氏はスポークスマンを通じてCoinDeskに語った。同氏は、1月のUSDCの発行は「記録的なレベル」であったと指摘している。Circleと仮想通貨取引所Coinbaseは、USDCを管理するCentreコンソーシアムの背後にいる。

米ドルと1対1で評価されているUSDCの流通供給量は、Glassnodeのデータによると、10月に減速した後急成長を遂げ、今月初旬の40億弱から50億以上に増加している。

取引所での活動の増加は、取引所のユーティリティー・トークンの大幅な値上がりにも反映されている。中央集権型取引所のBinanceとFTX、分散型取引所のUniswapとSushiSwapは、すべての取引所のトークンが先週、過去最高を更新した。

プレスタイムの時点で、MakerDAOは、同社のDaiステーブルコインに関するCoinDeskのコメント要求には応じなかった。CoinDeskがまとめたデータによると、Tether (USDT, +0.03%) (USDT)は、発行会社に関連する最近の問題にもかかわらず、いまだにステーブルコインの王として君臨していることが示されている。Tetherの時価総額は現在270億ドルを超えているが、過去2ヶ月間の取引所での残高はより不安定なものとなっている。

CircleのAllaire氏は次のように述べた。「[仮想通貨市場への]新たな資金流入は、透明性があり、信頼され、かつ、規制されたドルステーブルコインに強い素因を持つ、主要機関から来ている。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る