いわゆる「meme coin」が仮想通貨業界で話題になっており、公開企業がdogecoinの熱狂に参加している。Kronos Advanced Technologyは、支払い方法の一つとしてdogecoinの受け入れを開始すると発表した。

KronosはビットコインやEtherに加えdogecoinを受け入れ

ロサンゼルスを拠点とするKronosは、受け入れ可能な支払い方法にdogecoin (DOGE) を追加すると発表した。実際には、顧客はmeme coinを介して同社の空気清浄機、および個人用保護具 (PPE) の消耗品を購入することができるようになる。これまでのところ、同社は支払い方法として、ビットコイン (BTC) 、Ethereum (ETH) 、litecoin (LTC) など、いくつかの仮想通貨を受け入れている。

支払い方法としてdogecoin を採用することは、単なる仮想通貨の採用の流れの一部ではない。同社は、トークンの人気と業界内での独自性を称賛している。

N95マスク市場をDogecoinコミュニティに拡大

Kronos Advanced TechnologiesのMichael Rubinov社長は、同社の仮想通貨に対するスタンスについて次のようにコメントしている。

「この10年間で、仮想通貨が決済、サービス、ビジネスに革命を起こし、世界のあり方を変えるだろうと言われてきた。その通りに、仮想通貨は電子商取引を変えた。より多くの人々がオンラインで買い物をするようになりました。仮想通貨はベンダーと買い物客の両方にとって詐欺リスクを軽減し、利便性を与えている。」

また、Kronosはdogecoinを決済手段として採用することで、会員数が67万人を超えたReddit上のmeme coinコミュニティ全体にN95マスクを販売することも期待しているという。さらに同社は、TeslaのCEOであるElon Musk氏がお気に入りの暗号通貨の1つとしてdogecoinを支持していることを称賛した。

最新のMarkets.Bitcoin.comのデータによると、meme coinに見られる最近の狂乱にもかかわらず、dogecoinは火曜日に-20.43%ダウンし0.0317ドルで取引されている。時価総額はまだ40億8000万ドルだ。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る