コインベース(coinbase)は、米国の人気サイトのトップ500にしっかりとランクインしており、大勢の顧客が参入してきているため、すべての宣伝は良い方向に向いているいると思われる。

米国のビットコイン(BTC)取引所は、かつてない人気を見せている。

統計リソースAlexaSimilarwebのデータによると、大手取引所コインベースが世界で最も人気のあるウェブサイトのトップ1,000にランクインしている。

コインベースが米国のトップサイト400にランクイン

BTC/USDが史上最高値を更新し1月に42,000ドルまで上昇したことで、人気のある仮想通貨取引プラットフォームのいくつかで、新たなユーザーの契約が爆発的に増加したようである。

米国では、ここ数ヶ月でビットコインに機関投資家が流入しており、取引所のジェミニ(Gemini)、クラーケン(Kraken)、バイナンスU.S(Binance U.S.)が世界のトップサイト10,000に入っている。

バイナンスは世界的に見ると訪問者数でコインベースに勝っているが、コインベースは米国のインターネットユーザーの中で386位にランクされており、米国国内市場では最高の地位に君臨している。このデータは2020年12月時点のものなので、今年の初めの仮想通貨ラッシュにより取引所の人気がさらに高まっている可能性が高い。

長年にわたって悩まされてきた現象であるシステム停止やその他の技術的な問題が広く公表されているにもかかわらず、コインベースの人気は明らかに変わっていない。

「コインベースの1月のアプリダウンロード数は130万件である。これはE-trade、TD Ameritrade、Charles Schwab、Fidelity、Sofiなどを合わせた数よりも多い。」とモルガン・クリーク・デジタルの共同設立者アンソニー・ポンプリアーノ氏は火曜日にツイートしている。

コインベースは現在、アップルストア上での上位の仮想通貨に特化した金融アプリとしてランク付けされている。バイナンスとバイナンスU.S.の両方共にトップ10にもランクインしている。


参照:cointelegraph

悪評は見かけほど悪くないというのが、トレーディングアプリのロビンフッド(Robinhood)も、先週ユーザーとコメンテーターが彼らの行動が一方的な制限であったと多くの不平を述べたのであるが、アプリのダウンロード数が大幅に増加した。

大口出金はビットコイン価格が上向きに戻ることを予告する

一方、コインテレグラフ社が報じたように、コインベースは大量購入の場として、市場の売買意欲を評価する上で有用な先導者となっている。

取引所からプライベートウォレットへの大規模な引き出しがあったが、あるアナリストは、機関投資家が長期的な買いを継続していることを示唆した。


参照:cointelegraph

「最強の強気シグナルが働いている。」と、オンチェーン分析リソース クリプトクオント(CryptoQuant)のCEOであるキ・ヨン・ジュ氏は、水曜日にコメントした

「32,400ドルが底値で、ビットコイン価格は+13%急騰した。しかし、私が言ったように、機関投資家の買いは他のすべての弱気のシグナルを凌駕する最強の強気シグナルである。もっと上がると予想している。」

BTC/USDは記事執筆時点で36,000ドル前後で取引されており、36,820ドルの高値をつけた後、この日は4.8%上昇している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る