数日前、Mark Cuban氏のもとに冒涜的なEthereum Name Service (ENS) のドメインが送られてきた。トロールの最終目的が何であったかは明らかではないが、この言葉はCointelegraphが眉をひそめるほど不快なものであったのでここに転載するつもりはない。最近Twitterユーザーが彼のEtherアドレスを追跡した記録も残っており、不要なスパム取引の波が彼のアカウントに入ってくるのは時間の問題だった。インターネットにはモンスターがいるのだ。

私たちはMark Cuban氏にこのドメインについて何か知っているかを確認するため、連絡を取った。自分で購入したのか?所有していることを知っていたのか?そして最も重要なのは、彼の計画は何だったのだろうか?

彼は次のように返事をした。

「いいや、私は[それ]を所有していない。誰でもドメインにethアドレスを付けることができるんだな。変更できるかどうかもわからない。教えてくれてありがとう。」

Cuban氏は、ブロックチェーン業界に最近ますます関与するようになっているが、彼はまだ新参者だ。そのため、Ethereum Name Service (ENS) のドメインがどのように取得され、管理され、転送されるのかについての理解はやや限られていた。

ENSの難点

ENSは、ブロックチェーンのアドレスに、扱いにくい英数字の文字列ではなく、人間が読める単語を使用する分散化された方法をユーザーに提供している。例えば、Vitalik Buterin氏は、0xd8dA6BF26964aF9D7eEd9e03E53415D37aA96045の代わりにvitalik.ethを自分のアドレスに利用することで知られる。

このサービスの難点は、一度ENSドメインを所有してしまえば、アドレスの所有者の許可を必要とせずに、Ethereumブロックチェーン上の任意のアドレスに向けることができるということだ。これにより、インターネット上のトリックスターは攻撃的なドメイン名を疑っていないユーザーに向けて、不愉快な言葉やフレーズを勝手に流用しているように見せかけることができるようになる。

Cuban氏はこの難しさについて、「私に送られてきたのは明らかで、私が買ったわけではない」と指摘し、Cointelegraphに「名前をキャンセルすることは可能か、契約を拒否することは可能か」と尋ねた。さらに掘り下げてみると、このイタズラは判断ミスをしていたことが明らかになった。ENSドメインには、所有者である「登録者」、サブドメインやドメイン名のポイントを管理する「コントローラー」、ドメインをウォレットに入力した際にコインを受け取るアドレスを記録する「レコード」の3つの部分がある。一般的に、イタズラが不審なユーザーのアドレスにドメインを指し示すとき、彼らはコントローラかレコードのどちらかを変更するだけで、通常ドメイン自体の総制御を放棄することはない。しかしこのトロールは、自分のアドレスの完全な登録者権限を与えており、これによりCuban氏は自由にドメインの所有権とコントロールができるようになっていた。

Cuban氏の対処

それを念頭に置き、Cuban氏は愚かなイタズラを一網打尽にして名前を処分する方法を考えた。彼はController、Record、Registrantを変更し、それぞれがBurner Addressによって所有されるようにしたのだ。彼はミッションが完了した後はアクセスできないようにすることを目的として、新しい使い捨てウォレットを自分で作成した。そのウォレットの鍵を処分するまでのスケジュールについて聞かれると、彼はこう答えた。「鍵って?鍵がない。」

その結果、そのドメインには事実上の所有者がいなくなった。そして、それは (少なくとも登録が切れるまでは) 残ることになる。

Cuban氏は、今回のような違反の責任は最終的に分散型アプリケーションの開発者にあると主張した。
「これは ENS が修正しなければならない問題だ。そうでなければ、悪用は本当にひどいものになる。これは修正する必要があるシステムの弱点である。」

Mark Cuban氏はここ数ヶ月、ブロックチェーン・コミュニティ内での地位を確立するために努力してきた。昨日、彼はRedditのAsk Me Anythingセッションに参加し、分散技術と従来の金融の将来について議論した。1月には、彼は仮想通貨の現在の軌道をドットコムバブルと比較して話題となった。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る