ビットコイン (BTC) オプションの未決済建玉の合計10億ドルの期限は2月5日に設定されている。この数字は先月の40億ドルのオプションに比べれば小さいが、毎月および四半期ごとのオプションは通常、ボリュームを集中させる。

金曜日の満了は現在のBTCのレベルでバランスが取れているものの、やや異常だ。データはまた、ブルが38,000ドル以上の価格を押し上げるために多くのインセンティブを持っていることを示す。


参照:cointelegraph.com

Deribit取引所は金曜日の満期に対し84%の市場シェアを保持している。28,000ドルから43,000ドルの間の建玉総額を分析すると、プットオプションの建玉2.9億ドルに対して3億ドル相当の中立から強気のコールオプションが積み重なっている。したがって、現在のBTC価格より25%上か下の権利行使価格を分析することで、事実上、双方の均衡が保たれていることがわかる。

上記のデータによると、中立から弱気のプットオプションは34,000ドル以下に集中している。34,000ドルから36,000ドルの権利行使価格の間では、コールオプションとプットオプションの両方が等しくマッチしており、完全にバランスが取れている。

32,000ドル以下の乖離にもかかわらず、価格を押し下げるためのベアのインセンティブは3,400BTC契約の不均衡を提示する。これは、13%以上の負の価格の動きであるから109,000,000ドルの建玉に変換される。これは名目上重要ではあるが、ブルがインセンティブを取る上では不十分だ。

一方、ブルが価格を38,000ドルまで押し上げようとすると、2,800BTCの契約が不均衡になる。この状況は4%のポジティブな価格変動に対して1億600万ドルの建玉と同等であり、このような努力に対してはより良いリスク・リターンが得られることになる。

有効な指標 – デルタキュー

マーケットメーカーがリスクを上向きか下向きかの価格設定をしているかどうかを評価するには、30%から20%のデルタスキューが最も有用な指標となる。これは類似のプット・オプションに対して積み上げられた中立から弱気のコール・オプション間のプレミアムの差を測定するものだ。


参照:cointelegraph.com

0から15までの数値は中立とみなされ、負のデルタスキューは、大規模なオプショントレーダーが下降リスクを取るために余分なプレミアムを要求していることを示しており、したがって、弱気とみなされる。

前回このような状況が発生したのは12月29日だったが、過去5日間は10で推移している。このデータは、リスクのバランスが完璧に取れていることを示しており、2月5日の有効期限が近づくにつれ、マーケットメーカーがBTCに圧力をかけるインセンティブがなくなっていることを意味する。

OKEx、Bit.com、Deribitの週次契約は2月5日午前8時00分 (UTC) に満期を迎える。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る