Investing.comの新しい調査によると、英国の回答者800人のうち63%が2021年にビットコインを購入する予定だという。

大手金融出版社Investing.comのアナリストによると、ビットコインは注目が高まり、2021年には6万ドルに到達する可能性が高いということである。

Investing.comのシニア金融アナリストJesse Cohen氏は、ビットコインが2021年前半に6万ドル台に到達する可能性が高いと予測した

Cohen氏によると、2021年のビットコインの成長は機関投資家からの支持と、米国の連邦準備制度理事会(FRB)のような世界的な中央銀行による世界の金融システムに連動している超安価な資金のフラッシュとの組み合わせによって促進されるだろうという。

「2020年に300%以上の急騰を見せた記録的な年を経て、ビットコインは2021年も堅調に推移し、より多くの個人投資家や大手機関投資家が市場に参入していくことが予想される。すでに参入している投資家の戦略は持ち続けることである。初めての初心者投資家は、ビットコインを含む多くのリスクを察知した資産への道を探している。」

Cohen氏の発言は、Investing.comによる新しい仮想通貨関連の調査と関連しており、それによると、イギリスの回答者の63%が2021年にビットコインの購入を計画しているという。また、800人の回答者のうち60%以上が、ビットコインが2021年に6万ドル以上に急騰すると信じていると回答している。

2021年のビットコインの急騰に対する自信が高まっているにもかかわらず、周辺の規制環境については多くの懸念がある。「ビットコインが主流になり、より大きな注目を集めるようになったことで、米国、欧州、アジアの規制当局からさらなる精査を受ける可能性が高い。」とCohen氏は述べている。

彼は特に、米国の新大統領政権の影響を懸念している。「その後の道のりは必ずしもスムーズとは限らない。私はリトレースメントを期待している。」とCohen氏は付け加えた。

調査によると、イギリスの回答者の大多数は、2021年のビットコインに対する最大の脅威として新たな規制を挙げている。

Cohen氏の予測は、今年のビットコインに関する予測の中では特別に高いものではない。Pantera CapitalのCEOであるDan Morehead氏は、ビットコインが2021年8月までに11万5000ドルに達すると確信している。1月上旬には、Binance.USのCEO Catherine Coley氏が、ビットコインが年内に10万ドルに到達する可能性があると予測した。また、stock-to-flow modelの作成者であるPlanBも、2021年12月までにビットコインが10万ドルから28万8000ドルの間のどこかに到達すると予測している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る