大手決済会社PayPalのCEO Dan Schulman氏は本日の第4四半期決算電話会議で、PayPalは仮想通貨取引を倍増させる準備ができていると述べた。

Schulman氏は、「仮想通貨取引の立ち上げから予想外の反応があり、当社のプラットフォームで取引された仮想通貨の量は、我々の予想を大幅に超えていた。」と述べた。

彼は、第1四半期後半にはユーザーが2900万の加盟店で買い物をする際に資金源として利用できるとし、2021年には仮想通貨、ブロックチェーン、デジタル資産などに関する広範なロードマップが用意されると述べている。

また、PayPalが積極的に規制当局や中央銀行と協力して、物理的な現金のポストで世界の将来を形作るために働いていることを付け加えた。

「我々は、新しい仮想通貨、ブロックチェーン、デジタル資産部門に大規模な投資を行っている。」

アナリストは、総口座数が3.87%増の3億7,500万口座、支払い処理総額が第3四半期比8%増の2,668億ドルと予想していたが、同社は総口座数が3億7,700万口座、処理総額2,770億ドル、と両方ともに予想を上回った。また、同社は214億5000万ドルの収益を報告した。

同社の第4四半期の投資家向けの最新資料では、デジタル資産を「重点分野」としている。

さらに同社は、「仮想通貨の購入、保有、売却」イニシアチブを、2021年にVenmoと一部の国際市場に拡大すると述べている。また、同社の仮想通貨サービスのユーザーは、一般的に仮想通貨を購入した後、2倍の頻度でログインするなどよりアクティブなユーザーになると指摘している。

最後に、PayPalの資料には、商業取引の経験を活かし、世界中のPayPalの2900万人の加盟店で、仮想通貨で支払えるサービスを2021年には始められるだろうというSchulman氏の声明が記載されている。これは、法定紙幣で決済され、加盟店にとっても変換手数料の負担が緩和されることになるだろう。

11月にPayPalは、その米国のユーザーがアプリを介して直接仮想通貨を購入できるようにすることで、デジタル資産の採用に向けた大きな一歩を踏み出した。米国に拠点を置く顧客は、週に20,000ドルの取引に制限されている。それ以来、同プラットフォーム上での仮想通貨取引量は過去最高を記録し、1月11日の取引量は2億4,200万ドルに達している

プラットフォームはまた、顧客が2021年に始まるそのネットワーク内の2600万人の加盟店のいずれかで買い物をするために仮想通貨を使用できる計画を発表し、目標は同社の2020年第3四半期の収支報告中に再確認された。その際、PayPalの幹部は、「中央銀行のデジタル通貨はいつ、どのように行うかの問題であり、もしもなかったらという問題ではない。」と述べた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る