「作品自体は混沌としているが、秩序がある。それは悪魔と栄光との聖書の二元論の概念を思い起こさせる。」と作品の購入者は語った。イーサリアムブロックチェーン上で悪魔のようなデジタルアートワークが、ピアツーピアのマーケットプレイスOpenSeaを介してかなりの大金で販売された。

420ETH(水曜日の購入時では約650,000ドル)で販売されたこの収集可能な非代替性トークン(NFT)ベースのアートワークは、ハッシュマスクとして知られている。購入者の@seedphraseはTwitterで投稿した。

スイスに拠点を置くSuum Cuique Labsのハッシュマスクプラットフォームは、そのウェブサイトによると、70人以上のアーティストの集まりによって作成された16,384の独特なデジタルポートレートのコレクションを取り扱っている。

「このマスク自体が独特で一点物のデザインであり、キャラクター、目の色、肌の色といった神秘的な属性は、ハッシュマスク全体の0.07%しか存在しない。」と、アートワークの購入者であるDanny氏はメールを通じてCoinDesk社に語っている。

「私は特に、見た目に美しく希少性の高い超高級NFTを購入することに興味がある。」と彼は述べた。

Danny氏は、マンハッタンを拠点とする著名なアーティストJean-Michel Basquiatにちなんだ「バスキア・スタイル」と、その「主観的な希少性」のいくつかのレイヤーによって、ハッシュマスクにすぐに惹かれたとも語っている。

「また、ほとんどのNFTプロジェクトでは、買い手がNFTを商業化することを制限するライセンスを持っているのに対し、私は、所有者に非代替性トークンに関する自由を与える透明な著作権ポリシーがあることも気に入っていた。」とDanny氏は語った。

NFTコミュニティは進化しているが、一般の人々からの大きな流入はまだ見られていないと彼は述べた。

「アーティストやプロジェクトに流動性を提供しながら、私が投資を始められることは信じられないほどやりがいがある。」と語った。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る