税務官はまだ、Proof-of-stake(PoS)を使った仮想通貨収益には明るくないが、それはまもなく変わるかもしれない。

共和党下院議員のTom Emmer氏は、連邦議会法図書館から依頼された報告書で、世界中の様々な税務当局による規制アプローチに大きな格差があることが明らかになったのを受け、仮想通貨の収益に関するより正確な税務ガイドラインを求めている。

128ページに及ぶこの報告書では、31カ国の仮想通貨の税法を調査し、マイニングやステーキングによって得たコインやトークンに関する適用に特に関心を払った。多くの国ではすでにマイニングで得たコインに関する具体的なルールが確立されているものの、ステーキングに関する枠組みは、5カ国でしか確立されていない。

調査対象となった31の国・地域のうち、オーストラリア、スイス、フィンランド、ニュージーランド、ノルウェーだけが、ステーキングに関する税務規則を有していることが判明した。

PoSはビットコイン(BTC)が先駆者となった、よりエネルギーを必要とするProof-of-workに代わるものとして、多くのブロックチェーンで使用されているコンセンサスメカニズムである。このプロセスは仮想通貨マイニングに似ていますが、最も多くの計算能力を集めようとするのではなく、PoSでは、ブロック報酬の比例配分と引き換えに、人々がブロックチェーン上でコインを「ステーク」する。

また、この報告書では、エアドロップやハードフォークによって得られたコインを取り巻く税務ガイダンスについても詳しく説明されている。国の税務ガイドラインでエアドロップやハードフォークについて言及しているのは、フィンランド、日本、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、イギリスの6カ国に留まった。

Emmer氏は、米国の技術革新を阻害しないためには、内国歳入庁からの明確なガイダンスが必要だと述べた

「これらの技術を成功させ、その革命的な可能性に到達させるためには、この技術革新を阻害しない適切な道筋を最善の形で実行するための規制アプローチの知識と組織的景観を持たなければなりません。私たちは、IRSの課税の透明性を向上させると同時に、これらの税金が適切に適用されるようにすることができます。」

Proof-of-Stake AllianceのリーガルアドバイザーであるAbraham Sutherland氏は、論理的な最初のステップは、当初の取得時ではなく、ステイキングによって得られたトークンの売却の際に課税することだと述べている。

「重要な最初のステップは、ブロック報酬が、他の新しい財産と同様に、新しいトークンが売却されたときに課税され、最初の取得時に課税されるものではない、ということを明確に確立することです。これにより、管理上の難点が減ると同時に、人々が過剰に課税されないようにすることができます」とSutherland氏は述べた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る