2000年代初頭に韓国のインターネット界に大きな影響を与えた大手のソーシャルメディアは、新しい仮想通貨を発売することで人気を取り戻そうとしている。

Cyworldのブランドの変更のために投資家から700万ドル以上を調達

Hanguk Kyungjae氏によると、Cyworldは、新しい所有権の下で事業を再開するための土台を築いている。国内5社で構成されるコンソーシアムには、韓国のエンターテインメント企業であるSKY E&Mも含まれている。

交渉は百万ドル規模の取引ではなかった。実際、コンソーシアムは問題を抱えた元所有者からCyworldを897,000ドルで購入している。これは、買収時にCyworldの従業員に支払うべき金額と同じである。

コンソーシアムは、イーサリアムベースのトークンであるDotori(Acorn)の発行を含め、同社を「CyworldZ」として新しいブランドに立て直す計画を明らかにした。

新しい経営陣は、仮想通貨が韓国のトップ3の仮想通貨取引所の1つになることを期待している。さらに、Kyungjae氏は、コンソーシアムが新しいベンチャーのために投資家から700万ドル以上を資金調達した述べた。

Cyworldは最初、仮想通貨ビジネスベンチャーに失敗している

Cyworld自体が仮想通貨ビジネスベンチャーに参入したのはこれが初めてではない。

データ漏洩事件の後、Cyworldが2016年にAireという会社に買収された際、彼らは「Cling」と呼ばれる仮想通貨のトークン販売のため約50万ドルを調達した。

しかし、トークンの価格は急速に底を打ちビジネスは失敗した。韓国のソーシャルメディアネットワークは1999年に開始され、年月が経つにつれ全国で非常に人気が高まっている。

SKコミュニケーションズに買収された後、Cyworldは中国とベトナムの市場に事業を拡大した。2005年には、20代の全韓国人と国の人口の25%がCyworldのユーザー数に値することがいくつかの統計で明らかにされていた

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る