ナイジェリア中央銀行(Central Bank of Nigeria、CBN)は、規制されているすべての金融機関が国内の仮想通貨取引所にサービスを提供することを禁止した。

この規制は、金曜日にCBNが発行した回覧板に記載されている。CBNの通知によると、今回の決定は仮想通貨に関連するリスクについての以前に警告した延長線上にあるということである。


参照:cointelegraph

禁止の内容として、CBNはすべての商業銀行に対し、国内の仮想通貨取引所やその他の事業者の口座を閉鎖するよう指示した。

CBNはまた、この指示に従わない銀行や金融機関には厳しい罰則を科すことを警告している。

Cointelegraph社からこの問題に関するコメントをCBNに求めたが、すぐには回答は得られなかった。しかし、CBN通信部のOsita Nwanisobi部長代理は、商業銀行は以前から仮想通貨市場に参加しないように警告されていたと語っている。

ナイジェリアでは仮想通貨が普及しているが、仮想通貨は2020年10月の警察の残虐な行為に対する抗議行動の中で国民に意識されるようになった。当時、CBNはEndSARS運動の支援者に属する銀行口座の停止を命じ、ビットコインや仮想通貨での寄付への切り替えを促した。

以前にCointelegraph社が報じたように、ナイジェリアでのビットコインの人気は高まっている。Google Trendsのデータによると、ビットコインの検索関心度では、ナイジェリアが依然として世界第1位である。

CBNの禁止措置は、2018年にさかのぼるとインドの同様に機関であるインド準備銀行(Reserve Bank of India)がとった行動をも彷彿とさせる。2年後、インドの最高裁はこの命令を覆している。

CBNの禁止とは別に、ナイジェリアからの唯一の仮想通貨関連の規制ニュースは、2020年9月にさかのぼる。当時、ナイジェリア証券取引委員会は、デジタル資産のための具体的な法的枠組みを策定する計画で、仮想通貨を証券として認めた

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る