Ether (ETH) の12月31日の10,000ドルのコールオプションは最近、建玉 (8,400契約) が1,520万ドルを突破したことで注目を集めた。コールオプションとは、将来の日付で固定価格でEtherを取得する権利のことだ。

この権利のために、買い手はコールオプションの売り手に一時金 (プレミアム) を支払う。このためコールオプションは、買い手に少しの先行投資で高いレバレッジの可能性を与えるため、中立から弱気とみなされる。この「権利」は現在263ドルで取引されており、これは12月31日のETH先物価格の14%に相当する。

コールオプションの難しさ

10,000ドルのETHコールオプションを購入するだけではリスクの高い賭けとみなされる。問題は、有効期限の長いオプションには通常、複数の権利行使価格や暦月が含まれていることだ。例えば1月10日には、9月24日の権利行使価格8,000ドルのETHコールオプション1,500枚と12月31日の権利行使価格10,000ドルのコール1,500枚を含むスプレッド取引が行われた。

この「カレンダースプレッド」戦略は機関投資家向けのOTCデスクであるParadigmが仲介し、Deribit取引所で取引は行われた。マーケットメーカーがどちらの側にいたのかを知る方法はないが、リスクを考慮するとクライアントは強気のポジションを探していたと考えるべきであろう。


参照:cointelegraph.com

この顧客は9月のコールオプションを売却し、より高価な12月のコールを同時に購入することで推定80,000ドルのプレミアムを前払いしたため、この金額80,000ドルが最大の損失となる。上記のシミュレーションによると、投資額を回収するためには3,100ドル以上のEtherが必要となる。

この顧客は8,000ドルの有効期限で245万ドルの純利益を得られる可能性があったにもかかわらず、9月24日にEtherが14,000ドルになった場合は30万ドル以上の損失を被ることになる。

買い手は利益を確保するために有効期限を待たずにコールオプションを売却することもできるが、強気のコールオプションを取引すれば数え切れないほどの戦略を達成することができる。したがってEtherが数週間後に30%上昇した場合、この「カレンダースプレッド」ホルダーがポジションを解消するのは理にかなっているのだ。


参照:cointelegraph.com

上記の例に示すように、Etherの9月の先物価格が30日間で25%上昇した場合、買い手はポジションを決済することで60,000ドル以上の純利益を確保することができる。

この効果は、12月の長期の10,000ドルのコールオプションが9月のオプションよりも8,000ドル上昇するために起こる。しかし、10,000ドルのコールオプションの買い手が事実上、これらの価格を期待していると仮定するのは甘い。それは本物の分析に裏打ちされた価格の見積もりでないからだ。プロのトレーダーは強気の投資戦略を行うためにコールオプションを利用する。しかしそれは、「人生は一度きり」という博打的な考えに則ったものではないのだ。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る