急激な相場の下落でETHの価格が10%も暴落している。下降トレンドはEthereumが1,626ドルだった午後1時14分に始まり、記事執筆時点でETH価格は1513ドルだ。


参照:decrypt.co

Ethereumの暴落はChicago Mercantile取引所がETH先物取引をローンチする前日の出来事である。CMEの先物は機関投資家がコインの将来の価格に投機するための効率的な方法で、Ethereumにバケツ一杯の資金をもたらすと考えられている。

トレーダーが上場に先立ってポジションを解消している可能性もある。CMEのETH先物契約により、機関投資家がETHをショートすることが非常に容易になるからだ。

原因は本当にCMEか

かつて、CMEは2017年12月17日にビットコインの先物取引を開始したが、これはビットコインがブルランの最高値である19,015ドルを記録した翌日だった。その後、ビットコインの価格は下り坂を駆け下り、ブルランの終わりをマークした。とはいえ、2021年の仮想通貨市場は2017年と同じには見えない。

あるトレーダーはDecryptに対し、「1,550ドルの再テストは、CMEの有無にかかわらず、常に起こりそうだった」と語っている。Ethereumの暴落は市場全体の下落と一致する。ビットコインは過去24時間で7%下落して37,547ドル、XRPは10%下落して0.39ドル、Polkadotも8%下落して18.7ドルとなっている。

他の仮想通貨は堅調に推移している。Cardano (ADA) は0.58ドルの価値があり、この1日で8%上昇した。そしてElon Musk、Snoop Dogg、Gene Simmonsが資金提供しているmeme-coinのDogecoinは、過去1日で35%、過去1週間で116%上昇している。

もちろん、今回の暴落は単なる市場の修正かもしれない。Ethereum価格は2日前の2月5日に史上最高値となる1,756ドルを記録し、昨日も同様の価格を記録した。仮想通貨が新たなピークを迎えると、その後の数日でその足取りを引き戻すことはよくある。先月42,000ドルに達したビットコインは、その月の後半には31,500ドルの安値まで後退した。このようなディップは、ある価格がきっかけで多くのトレーダーが市場で自分のポジションを売却するために発生するもので、ダンプは価格の暴落を引き起こす。

仮想通貨が新たなピークを迎えると、その後の数日でその足取りを引き戻すことはよくある。先月42,000ドルに達したビットコインは、その月の後半には31,500ドルの安値まで後退した。このようなディップは、ある価格がきっかけで多くのトレーダーが市場で自分のポジションを売却するために発生するもので、ダンプは価格の暴落を引き起こす。

一部のトレーダーは、市場が跳ね返ることを期待して、ディップの機会を伺っている。別のトレーダーは、「私はこの急落をチャンスと捉える必要があると思う。」と述べている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る