韓国の中央銀行は、将来の中央銀行デジタル通貨の円滑な運用と有用性を確保するために必要な法的事項をまとめた書籍を発行した。

昨年秋、韓国銀行は2021年に中央銀行のデジタル通貨の流通をテストすると発表した。その準備はさまざまな面で進んでいるようではあるが、韓国銀行は本日、このような通貨の潜在的な発行によって生じる法的問題に焦点を当てた新しい本を出版した

韓国メディアの報道によると、この本は将来のCBDCがうまく運営できるように法律を改正することを求めているという。韓国銀行は、2020年4月に開始され、今年12月に終了する22ヶ月間のCBDCパイロットプログラムで、取引を管理するためにブロックチェーン技術を使用していることが注目されている。第1フェーズと第2フェーズで技術開発と初期運用分析に焦点を当てた後、2021年に通貨の流通をテストすることはこのプロジェクトの第3フェーズということを表している。

今回出版された本では、韓国銀行がCBDCの展開に向けた運用分析を行っており、外部コンサルティングも実施しているとし、そのスケジュールと範囲を確認しているという。今年はバーチャルな環境でCBDCのパイロットシステムを立ち上げ、機能や安全性を検証するテストを行う、としている。また、同行はプロジェクトの動機や、将来のデジタル通貨の潜在的なメリットについても述べている。

「現金からデジタル通貨への転換は、GDPを3%も向上させる可能性がある。通貨のデジタル化は、通貨の流通を促進し、維持コストを削減する。また、マイナス金利を実現するための効率的な方法であり、政府の金融管理を全体的に強化することができる」

マイナス金利政策を維持するためのCBDCの有用性については、昨年日本の副総裁をはじめとする他の中央銀行の代表者も認めている。日本では2016年以降、欧州では2014年以降、確かにこれらの政策が採用されているが、他の中央銀行は、直近ではイングランド銀行を筆頭に、自国のCOVID-19経済の不確実な回復の中で、同様の動きへの扉を開けたままにしている。

こうした側面と並行して、韓国メディアが引用した無名のアナリストは、中国がデジタル人民元の展開を加速させていることを指摘し、その国際通貨システムへの影響が韓国自身の今年の研究開発努力の要因になると示唆している。

「米ドルは現金の標準通貨かもしれないが、中国はデジタル人民元を新たな支配媒体にしようとしている。韓国は新しい通貨時代にどのようなポジションを取るのか、戦略を練る必要がある。」

専門家はさらに、「デジタル情報の格差」によって既存の経済格差が増幅されるなど、CBDCの潜在的な負の影響を調査する必要があると強調した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る