世界最大級の仮想通貨ファンドマネージャーであるBitwiseは、いわゆる”Crypto Innovationators”を対象とした取引所型トレードファンドをローンチするため、新たな目論見書を米国証券取引委員会 (SEC) に提出した。

同ファンドマネージャーは2月5日にSECにフォームN-1Aを提出し、Bitwise Crypto Innovators ETFを概説した。提案されているETFは、Bitwise Crypto Innovators Indexのパフォーマンスを追跡するものだ。

このインデックスは主に仮想通貨部門から収益の75%以上を得ている企業、または純資産の75%以上を仮想通貨で保有している企業で構成される。残りには仮想通貨に焦点を当てた「専用のビジネスイニシアチブ」を持つ大企業も含まれる。

目論見書によると、Crypto Innovationatorsには、デジタル取引プラットフォーム、カストディアン、ウォレット、ブロックチェーン技術を活用した金融サービスプロバイダー、デジタル資産分野に関わる顧客にサービスを提供する金融機関、ブロックチェーンインフラサービスプロバイダーなどが含まれている。

文書には次のように記載されている。

「”Crypto Innovators “という用語は、仮想通貨と分散型技術を扱う経済分野でサービスを提供し、取引を行う企業を指す。」

特筆すべきは、提案されているETFは直接またはデリバティブを通じて仮想通貨に投資することはないということだ。また、同ファンドはイニシャルコインオファリングとの取引も一切行わない。

昨年1月以来の進展

何年もの間、BitwiseはETFの議論の最前線に立ってきたが。2020年1月、ファンドマネージャーはVanEckの動きを受けて、長年のビットコインETFの申請を棚上げした。当時、BitwiseはCointelegraphに対し、「適切な時期に再申請する予定」と語っていた。

その時期が今近づいている可能性がある。デジタル資産は、企業や機関投資家の新たな買い手の波のおかげで、数ヶ月間上昇気流に乗り続けている。月曜日には、Teslaがバランスシートの大部分をBTCに割り当てたことを確認し、おそらく史上最も注目度の高い買い手となった。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る