世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、公式の法廷文書によるとニュース出版社Forbes(フォーブス)と2人のジャーナリストに対する名誉毀損訴訟を取り下げたという。

Binanceは、Binanceが意図的に米国の金融規制当局の目をそらし逃れようと努めたとするForbesの記事を受けて、ジャーナリストのMichael Del Castill氏oとJason Brett氏と共に、11月にForbesに対して訴訟を起こした。

2月4日にニュージャージー州の連邦地方裁判所に任意解雇の通知が提出され、Forbesに対する係争中の訴訟は終了した。この通知書には訴訟の取り下げについての説明はなく、単にBinanceが「これにより、被告Forbes Media LLC、Michael del Castillo、Jason Brettに対する上記の訴訟を害することなく、自発的に取り下げられたことを通知する。」と記載されている。

Forbesの調査は、Binanceの元従業員の一人から流出したとされる文書に基づいて行われ、その文書には米国に拠点を置く顧客にサービスを提供し続けながら、米国の規制当局から逃れるためのBinanceの戦略が詳細に記載されていた

この文書には、成功を期待せずに様々な規制機関に関与するBinanceの計画が明らかにされていると主張されている。文書の中で詳細に説明されている他の戦略には、自主規制組織に事前に参加することや、規制当局の監視から逃れるために仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用することなどが含まれているとされている。

Binanceは当初、Forbesの記事によって数百万ドルの損害を被ったと主張しており、この記事にはBinanceに関する虚偽、誤解を招くような中傷的な記述が多数含まれていることを指摘していた。

Binanceの広報担当者はCointelegraphに、今回の取り下げは「偏見なし」であり、記事中の主張に対する当社の立場は変わっていないことを意味しているという。Binanceは次のように述べている。

「Binanceは、2020年10月29日付けのForbesの記事が虚偽で誤解を招くものであると断固として信じている。当社がForbesに対する訴状で述べたように、Binanceは適用されるすべての法律と規制を遵守することを約束しており、それに相反するForbesの主張には何のメリットもない。しかしながら、ユーザーに可能な限り最高のサービスを提供するために、特に空前の成長を遂げているこの時期に、当社は現時点では訴訟を追求しない。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る