現在進行中のアルトコインのシェイクアップで新参者であるPolkadot (DOT)がXRPの時価総額を追い越し、2月9日にXRPはそのアルトコインでトップ3というポジションを一時的に失った。

Cointelegraph MarketsCoinMarketCapからのデータは、XRPが現在かろうじて第5位の仮想通貨の座を維持しており、すぐにトップ5から完全に降格する可能性があることを示唆している。

リップル(XRP)がフリップされる(はじかれる)。これは2度目

大きな資本のアルトコインでは、投資家が選択するターゲットが2018年初頭の最後のものとはかなり異なってきており、新しい「アルトシーズン」がマーケットに来ている。

Cointelegraphが報じたように、ビットコインキャッシュ(BCH)は、今週ステラ(XLM)とドージコイン(DOGE)の影響からトップ10のアルトコインから降格した。

XRPの場合、損失はさらに悪化するかもしれない。本記事執筆時点では0.46ドルで取引されているが、主要株主であるリップル社の法的問題の中で、このトークンは以前0.16ドルまで下がって取引されていた。

これらの問題はまだ解決されておらず、米国の規制当局はまだXRPを未登録証券として分類するかもしれないが、それにもかかわらず、その運勢はここ数週間で改善されている。

しかし、2021年を通しての印象的な利益では、市場で最も古いアルトコインの1つであるPolkadotはそれに匹敵するものではないことを証明した。DOT/USDは先週だけで40%以上上昇し、すでに1月の短い期間でXRPを反転させた。


参照:cointelegraph

カルダノがトップ5に並ぶ

これにより、後続するカルダノ(ADA)が独自のサイドステップに照準を合わせているため、時価総額で仮想通貨のトップ5であったXRPはすぐに過去のものとなる可能性がある。

火曜日の時点で、XRPとADAは両方とも210億ドル以上の時価総額であった。XRPのピーク時には、1コイン3.84ドルの価格に対して、合計は現在よりも735%高く、1,250億ドルを超えていた。

史上最高値と比較して進歩がないにもかかわらず、ソーシャルメディアでのアルトコインの支持者は、良い時代はすぐそこまで来ていると信じ続けている。

しかし、大企業がビットコイン(BTC)を買い機関投資家がイーサリアム(ETH)をさらに買い増しする中、XRPは陰に隠れた存在となっている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る