Litecoin (LTC) は、2017年12月の全時間高値420ドルを60%下回っている一方で、先物契約の建玉が5億8400万ドルに達した。これにより、LTCは時価総額で7位に浮上し、デリバティブではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に次いで3位につけている。


参照:cointelegraph.com

LTC先物の建玉は過去3ヶ月間で285%増加した。先物取引には買い手 (ロング) と売り手 (ショート) の両方が必要であるため、これは必ずしもポジティブなものではないことに留意すべきであるが、少なくともこの関心の高まりからLTCへの参入は増加するだろう。例えばLitecoinはBitwise 10 Crypto Index Fund (BITW) の3番目に大きな保有株で、このファンドの運用資産は最近7億8,000万ドルを突破した。

またGrayscale Litecoin Trust (LTCN) は、機関投資家向けに2億1,000万ドル相当の運用資産を追加した。これらの数字はLitecoinの可能性を明確に証明している。


参照:cointelegraph.com

もう一つの興味深い展開は、最近Chicago Mercantile Exchange (CME) でEtherの先物取引が上場されたことで、LTCらの仮想通貨も間もなく追随する可能性がある。

ロングは未だ低調

毎日の清算状況を見ることで、投資家はトレーダーがどのようにレバレッジを使用しているかを評価することができる。ここでの予期せぬ価格変動は、最近のLitecoin の174ドルへの15%上昇のように、現在進行中のトレンドよりも高い流動化を引き起こす傾向がある。


参照:cointelegraph.com

上のチャートで最大の緑のロウソクは、1月10日にLTC価格が18時間で32%下落したため、ロングのポジションが強制的に解消されたことを示す。一方、2月5日には164ドルまで上昇し、5,600万ドル相当のショートが解消されたが、1月の1億2,800万ドルの弱気の動きにはまだ及ばない。

取引量は最近の勢いを維持できず

Litecoinが1月10日からの186ドルのピークを突破できなかったことを受けて、取引量が減少しており、現在の水準では関心が薄れていることが分かる。LTCの総取引量は過去30日間で12%減少した。


参照:cointelegraph.com

現在の5億8400万ドルの先物建玉はスポット取引所でのLTCの1日平均取引高9億8000万ドルと合わせると相当なものだ。価格分析の観点から見ると、LitecoinとBitcoin Cashの両方の価格行動は、Bitcoinの弱気の動きと強気の動きに遅れをとっているように見える。リテールや機関投資家のトレーダーは、この関係を認識している可能性が高い。

トレーダーはまた、Etheruemの高いガス料金とビットコインの取引コストの上昇を考慮する必要がある。Litecoinの長期的な上昇が、より速い送金とより安い手数料を求める投資家によって駆動されることにも留意すべきだ。

Litecoinのプライバシー機能が最終的に実装されれば、最終的には200ドルを突破するために必要な後押しとなるだろう。300ドル付近の目標は法外なものではない。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る