米国財務長官のJanet Yellen氏は、仮想通貨の想定される犯罪要素について懸念している。

金融セクターのイノベーション円卓会議に対する2月10日の発言で、Yellen米国財務長官は、世界的大流行によって引き起こされたサイバー攻撃とともに、仮想通貨と仮想資産の誤用の問題がますます深刻化していると述べた。

Yellen長官は、仮想通貨のような新しい技術の可能性にもかかわらず、そのような資産は​​依然として大きなリスクに関連していると述べた。「私はこれらの新しいテクノロジーの可能性を理解しているが、現実も理解している。仮想通貨はオンラインの麻薬密売人の利益を洗浄するために使用されてきた。それらはテロリズムに資金を提供するためのツールでもあった。」と長官は述べた。

関係者によると、民間セクターはこれらの仮想通貨関連の犯罪と戦うための政府の取り組みに多大な貢献をしてきた。「FRB(
連邦準備制度理事会)で勤務していたころからから、私このような犯罪と戦う上で重要な役割を果たしていることを知っている。民間企業は莫大なリソースを投資し、悪意のある人物が既存のテクノロジーを悪用するのを防ぐ方法を見つけているし、新しいものも開発している。」とYellen長官は述べた。

Yellen長官は声明の中で、金融システムと現代のITのメリットをより多くの人々にもたらすための公平なイノベーションの必要性も強調した。彼女は、公平なイノベーションのアプローチは、財務省の既存の「責任あるイノベーション」のモットーと共生する可能性があると述べた。

Yellen長官が仮想通貨の誤用は増大する問題であると主張しているのだが、仮想通貨関連の犯罪の量は2020年に明らかに減少している。米国最大の仮想通貨情報会社の1つであるChainalysisによると、すべての仮想通貨活動の犯罪シェア2020年にはわずか0.34%に低下した。同社によれば、2019年には、犯罪活動が仮想通貨取引量の2%以上を占めていた。

2021年1月、米国司法省は、Chainalysisの助けを借りて、主要なマルウェアオペレーターから50万ドルの仮想通貨を押収した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る