イーサリアムの取引手数料は過去1年間で35,000%以上増加し、1つのソーシャルメディアトークン化プロジェクトが終了することを余儀なくされた。

イーサリアム(ETH)ベースのプロジェクトは、ブロックチェーンでの取引コストが新たな高値を更新し続けているため、ガス(手数料)の上昇により開発を中止せざるを得なくなった。

ソーシャルメディアトークンプロジェクトUniteの公式Twitterアカウントは、プロジェクトがもはや活発に開発されていないことを2月10日に発表し、プロジェクトの当初のアイデアは最近のガスの高騰によって実現不可能となったと付け加えた。イーサリアムの平均使用コストは、2020年1月から35,600%増加している。

「残念ながら、我々はもはやUniteの開発を積極的に行えない。ガス価格は、Uniteの当初のアイデアが実現不可能であることを意味し、数か月の作業と多くの会話の結果、L2上にソーシャルトークンプラットフォームを構築しないことを決定した。これまでサポートしてくれてありがとう!」

イーサリアムの取引コストは2月5日に25.10ドルの新高値に達し、2日後に16.40ドルに下落した。しかし、Bitinfocharts.comのデータによると、2020年を通じてにイーサリアム取引数が3倍以上(418,000から1,260,000)になった勢いよりも多くの取引が行われ、それは48時間にわたって続いていた。

Uniteは、TwitterやDiscordなどのサイトのソーシャルメディアユーザーがイーサリアムERC-20トークンを視聴者やコミュニティに配布できるようにすることを目的としていた。プロジェクトは、根本的に異なる取引メカニズムと料金価格設定メカニズムを利用することが多いイーサリアムサイドチェーン上に構築されたプロジェクトに言及して、レイヤー2ソリューション上に構築しないと述べた。

イーサリアムの人気の高まりから利益を得ている人もいるが、それ自体の成功の重みで崩壊しないブロックチェーンエコシステムの必要性は、開発者によって見過ごされていない。イーサリアムの進化における次のメジャーアップデートであるイーサリアム2.0は、ブロックチェーンを現在の容量よりも何桁も上に拡張しようとしているが、ETHガス価格の計算方法を再構築する目的の改善提案は、保留中である。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る