ビットコインの価格はTesla参入による急騰の後、落ち着いているが、次はどうなるのだろうか。

ビットコイン(BTC)の価格は2月11日、主要取引所で48,500ドルを突破し、史上最高値を更新した。それ以来、同通貨は、再び記録的な高値を突破する本当の勢いを見せず、安定期に入っている。しかし、アナリストらは、新たなピークを突破した後の安定を気にしていない。

一般的に、資産がゆっくりと動いたり、爆発的に上昇した後に安定した場合は、市場が健全であることの証だとアナリストらは言う。ビットコインにとって、強い衝動的な上昇で過去最高値を更新した後の安定は、先物市場が過密状態にある現在の状況では非常に重要である。適切なリセットプルバックなしにビットコイン価格が上昇し続けた場合、短期的に大規模なロングスクイーズが発生する可能性が高くなるからだ。

先物市場でロングスクイーズが起こるのは、市場が買い手や長期契約者で溢れかえり、その結果、資金調達率が非常にプラスに転じたときである。資金調達率が0%を超えると、買い手は8時間ごとに空売り相手に手数料としてポジションの一部を支払わなければならない。先物取引所では、この仕組みを利用して市場のバランスを取ることで、市場の公平さを保っている。


Coinbase上のBTC/USD 1日価格
出典:Cointelegraph

先物市場の不均衡の悪影響と、ビットコイン先物の資金調達率が通常の0.01%の10倍以上である0.1%を常に上回っているという事実を考慮すると、ビットコインの長期的な安定は楽観的である。しかし、これは、BTCが重要なサポートエリアの上にあることを考慮してのことである。そのサポートエリアは、44,214ドルで確立されているようであり、近い将来に重要なクジラクラスターのサポートレベルとして機能する。

ビットコインのこれから

Cointelegraphとのインタビューで、eToroの米国マネージングディレクターであるGuy Hirsch氏は、Teslaの15億ドルのBTC購入が市場を席巻したことを強調した。このニュースは大きな市場感情のシフトを引き起こし、多くの投資家がこれを仮想通貨市場の歴史の転換点と捉え、また、上場企業が仮想通貨をどのように評価するかに注目が集まった。このニュースは、Microstrategyが1,400社以上の企業を集めてビットコインについてのセミナーを実施したことでも話題になった。

Hirsch氏は、Teslaがビットコインを購入したことと、MicroStrategyがBTCを価値の貯蔵庫として、また企業投資としてのメリットを認知させ続けることの相乗効果で、より多くの上場企業が同様の発表を行うようになるだろうと説明した。このような傾向が生まれた場合、第2四半期末までに5万ドルに向けてプッシュする可能性があるとHirsch氏は強調し、次のように付け加えた。

「私たちは、MicrostrategyとTeslaが、企業の財務資産を使用して保有する現金を運用するという新しい方法の最前線にいたことを振り返り、これをビットコインの歴史だけでなく、上場企業がどのように行動し、株主の利益に貢献するかのターニングポイントと見なしている。」

トレーダーはまた、一般的にビットコインの価格の短期的、中期的な軌道に楽観的な見方を表明している。Lomaとして知られている仮名のトレーダーは、周囲の強い市場感情を考慮して、現時点では「BTCの相対的な下げ幅は非常に小さい」と述べた。トレーダーは「50,000ドルは避けられない」と指摘し、BTCが「事前に少し」下がるかどうかは大きな問題ではないとしている。

「ブラックスワン」イベントは、理論的には、過去のブルサイクルを通して見られるように、ビットコインの価格に30%〜40%の下落を引き起こす可能性がある。しかし、ビットコインは、過去数年ではあまり活発ではなかった富裕層投資家や機関投資家からの前例のないレベルで買い手需要を維持している。

新たな機関投資家の流入は、BTCの勢いを5万ドルから7万ドル辺りへと押し上げ得る大きな要因となっている。伝統的な金融市場における流動性の継続的な増加は、ビットコインや金などのインフレヘッジ資産への意欲をさらに加速させている。

BTCのベアの可能性

Waroとして知られる仮想通貨のクジラは、ビットコインが短期的にプルバックを経験する1つのシナリオがあると述べた。トレーダーは、もしBTCが48,000ドルを突破するのに苦労した場合、その勢いが弱まり、当面の間に5%〜15%の下落が見られる可能性があると説明した

ただ、同氏によると、これはBTCにとってポジティブなトレンドとなり、流動性と40,000ドル台後半の大規模な買い注文にアクセスできるようになるという。「私は約1週間前に52,000ドルをコールした最初の1人だったが、今ではビットコインがこのレジスタンスに悩まされている間、誰もが多幸感に浸り、50,000ドルを超えることを求めて叫んでいる。ベアなのではなく、もっと燃料が必要なだけだ。」

ビットコインを取り巻く可能性のあるベアの市場感情に対抗できる基本的な要因の1つは、マイナーからの売り圧力の低下だ。過去2週間で、マイナーは大量のBTCを売却し、ビットコインの短期的な価格動向に圧力をかけている。マイナーらは仮想通貨市場における数少ない売り圧力の外部ソースの1つであるため、売り圧力の高まりはビットコインの上昇トレンドを抑制する可能性がある。


ビットコインマイナーのネットポジション変動
出典:Cointelegraph

仮想通貨投資家であり、クオンツトレーダーでもあるLex Moskovski氏は、マイナーらが「ここ2週間、#ビットコインを売ることにそれほど熱が入っていない」ことを発見した。彼によると、マイナーらは、ビットコインの価格が当面の間大幅に上昇すると予想しているか、近いうちに売却するBTCを使い果たしてしまったかのどちらかだという。 

いずれにしても、この傾向はビットコインにとってポジティブな触媒となり、仮想通貨市場を取り巻くベア感情に対抗し、BTCを、50,000ドルを超える新たな史上最高値に向けて押し上げる可能性がある。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る