オーストラリア証券規制当局は、投資家が適切なルールによって保護されていればビットコインETFを受け入れると述べている。

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、ビットコイン(BTC)に関連した上場投資信託に関する見解を明確にした。

オーストラリアンファイナンシャルレビューによる2月12日の報告書によると、委員会は、ローカル企業のCosmos CapitalによるビットコインETFイニシアチブを以前に拒否した後、この問題に取り組んだ。

報告書によると、CosmosのCEO James Manning氏は、「公表はしていないが、ASICは上場投資信託の商品であるMIS(Managed Investment Scheme)を取引所に上場させたくないという方針がある。」と主張した。

しかし、ASICコミッショナーのCathie Armor氏は金曜日、金融技術に関する上院特別委員会に、ビットコインETFはそれが取引される市場に適切なルールがある限り可能性があると語った。

「オーストラリアの為替市場で商品の値付けをするには、特定の市場で商品の値付けを容易にするルールを設定する必要がある。すべての市場でそれを行うルールが設定されているわけではない。これらの商品は、管理された投資スキーム制度を通じてオーストラリアの人々が利用できるようなり、その方法に則ってこれらの商品に投資することが可能となる。」

Armor氏は、ビットコインETFはマネージドファンド、ETF、その他の商品などの投資スキーム向けに特別に設計されたオーストラリア証券取引所のAQUAルールに該当する可能性があると述べた。

また、Armor氏はCosmosがその製品を上場しようとしたオーストラリアの国立証券取引所にはそのようなルールがないことを指摘した。

オーストラリア証券取引所(ASX)のCEO、Dominic Stevens氏は、「ASXは仮想通貨関連製品に対して慎重な姿勢で対応しているが、現在それらを検討しているところである。ビットコインの世界は前回の決定以来さらに変化しており、私の直感は、これがより多くの企業や機関の活動によって支配されている。」と述べた。

オーストラリアのBlockchain Associationの責任者であるSteve Vallas氏は、規制当局の態度の変化が国での仮想通貨の採用の主要なシグナルを表しているとCointelegraphに語った。

「採用に向けた最初のステップは、ETFのような商品の上場に関連する機会、影響、リスクについて話し合うための政府によるオープンなコミュニケーションと意欲である。ASICから伝えられるメッセージは、その分野にとって非常に重要なシグナルであり、それに関係するすべての人にとって歓迎すべきニュースでもある。」

Cosmos Capitalは現在、ビットコインETFをASXに上場することを計画していると報じられている。これは、ビットコインに関連したオーストラリア初のETFになる可能性がある。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る