あまり知られていないブロックチェーンプロジェクトは、欧州連合のデジタル経済研究プログラムへの関与が発表された後、一夜にして価値が2倍以上となった。

プロジェクトが新しい種類のお金を生み出すことを目的としたEUパイロットの一部として使用されることが発表された後、イーサリアムベースのストリーマー(DATA)トークンのスポット価格は2月12日116%上昇した。

2月11日に発表されたATARCAコンソーシアムは、デジタル商品の供給を人為的に制限することによって発生する「経済的非効率性」に対処するイニシアチブの一環として、欧州委員会から275万ユーロ(約333万米ドル)を授与された。

ビットコイン(BTC)にその価値の一部を与えると言われている経済原理の1つからの根本的に異なる考えで、プログラムは不足するのではなく、共有されることによって価値を得る交換の媒体を構築しようとしている。

ATARCAは、使用するほど価値が高くなる「反ライバル商品」の概念で、主流派経済学に代わるものを提供すると主張している。フィンランドのAalto大学のコミュニケーションおよびネットワーキング学部のPekka Nikander教授が率いるATARCAは、次のように述べている。

「現在の経済システムは21世紀には適合していない。21世紀では、人間は有限の交換媒体で豊富な商品をますます取引している。「反ライバル商品」という用語は、豊富さを特徴とし、ライバル商品や非ライバル商品とは異なり、使用されるほど価値が高くなる、新しい理論上の商品カテゴリを意味する。」

ATARCAは、「反ライバルトークン」の作成を提案する。これは、ピアツーピアのブロックチェーンライブデータストリーミングネットワークであるStreamrと組み合わせて、次の2部構成のパイロットでテストされる。Streamrは、リアルタイムのデータ共有ネットワークをサンドボックスとして使用して、支払い手段としての共有の概念を試運転するために使用されると報告されている。

「ビットコインなどの仮想通貨とは異なり、反ライバルトークンの価値は希少性ではなく、根底にある人間関係に基づいている。それらの価値は、繰り返しの相互作用を通じて時間の経過とともに関係が構築される方法を反映しており、デフォルトでは取引のすべての側面に利益をもたらす。」

パイロットプログラムの前半の部分は、最初はバルセロナで市独自のデジタルソーシャル通貨である「Real Economy Currency」を使用して行われる。CoinMarketCapのデータによると、2017年に設立されたオープンソースプロジェクトであるStreamrは、ニュースの発表時にネイティブDATAトークンの価値が3年ぶりの高値に上昇し、24時間以内に0.08ドルから0.18ドルに上昇した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る