Linear Finance (LINA) が、混雑と高額な取引コストに悩まされているEthereum DeFiセクターの有力な競争相手として浮上している。

Cointelegraph MarketsとTradingViewのデータによると、LINAは1月13日には0.0135ドルで取引され24時間の取引量は230万ドルだった。それ以来、LINAの価格は750%上昇し、2月12日には史上最高値となる0.10ドルを記録した。


参照:cointelegraph.com

もともとERC-20ベースのプロジェクトであったLINAは、1月28日のメインネットのローンチに先立ち、1月中旬にBinanceスマートチェーンに移行した。

また、メインネットローンチの同日、チームはLinear Exchangeをリリースし、包括的な分散型金融プロトコルとしての地位をさらに確立した。リリース後、LINAの価格は1月29日の0.034ドルから2月8日には0.082ドルまで上昇し、24時間の取引量が15.6億ドルという記録的な高値を更新した。

パートナーシップと取引所の統合がLINAの価格を押し上げる

プロジェクトのTwitterフィードを見れば、トークンの価値と取引量の増加に伴い、パートナーや取引所の統合が増加していることがわかる。Linearプラットフォームは現在、Band Protocol (BAND)と統合されており、信頼性の高い取引体験を実現している。

これらの統合により、取引所に構築されたすべての資産をERC-20トークンにスワップすることが可能となり、ユーザーはリニアスワップ機能を利用してBSCとEthereumベースのDeFiエコシステムの両方に簡単にアクセスすることができる。

DeFiが拡大を続け、異なるブロックチェーンプラットフォーム上に構築されたプロジェクトが注目を集めるにつれ、エコシステム全体にとって相互運用性はますます重要になっていくだろう。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る