ブロックチェーンインキュベーター兼投資会社のBlockchains LLCは、Reno市の東にあるネバダ砂漠にスマートシティを建設する計画を進めている。

土曜日に発表されたAP通信とのインタビューで、BlockchainsのCEO Jeffrey Berns氏は、ネバダ州に同社がStorey郡に所有する67,000エーカーの土地に地方自治体を設立できるよう要請したと述べた。申請が成功した場合、ブロックチェーン会社は「イノベーションゾーン」として機能することが許可され、企業は税金を課したり裁判所を設立することができる。さらに、商品やサービスの仮想通貨決済を取り入れたり、ブロックチェーン上に記録することも可能である。

Berns氏は、現在の政府の設立方法は、ブロックチェーン、仮想通貨、その他の革新的なテクノロジーに基づいたコミュニティを作成するのに理想的ではないと指摘した。彼は、「人々がゼロから始められる場所」として仮想通貨都市を提案している。

Blockchains社は当初、2018年1月に1億7000万ドルで土地を購入した。当時、Berns氏は、構想されている仮想通貨都市には、Blockchains社の施設やコンテンツ作成スタジオ、eスポーツアリーナ、住宅物件が含まれると発表されていた。CEOは、75年以内に仮想通貨都市に15,000戸の住宅を建設することを望んでいると述べたが、現在会社の所有するほとんどの土地で住宅開発は許可されておらず、不動産は3,500戸に制限されているようである。

ネバダ州議会議員がこれらのイノベーションゾーンを受け入れた場合、3人が50,000エーカー以上の10億ドルの投資が確約された、民間テクノロジー企業の資産を統治する可能性がある。ビットコイン(BTC)やドージコイン(DOGE)などの仮想通貨に対して明らかに密接な関係をもつElon Musk氏のTeslaギガファクトリーが同じ郡にあるため、この法律は他にも影響を及ぼす可能性がある。アマゾンはまた、同地域に物流センターを持っている。

Berns氏は、来年までにBlockchains社がスマートシティに着手する予定であると語った。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る