日本の大手金融会社SBIホールディングスは、外国の金融会社との共同仮想通貨ベンチャーの設立に向けて協議を行っていることがわかった。

SBIのCEO北尾吉孝氏が他の金融会社と仮想通貨ベンチャー企業を立ち上げるために交渉中であると述べたことをロイター誌は2月15日に報告した

イニシアチブの一環として、SBIは大規模なM&Aを検討しているという。北尾氏は、SBIが大手金融サービス会社としての地位を維持するためには、このような取引が必要であると述べた。

「世界一になるために、我々の選択は大手企業を買収するか、主要なグローバル企業との提携を構築することである。我々のM&A戦略は、多くの企業の少数株主になるようなものではない。」

今後のグローバル仮想通貨ベンチャーに関するSBIの計画は、先週仮想通貨関連の計画を発表したTeslaやMasterCardなどの主要な機関によって推進されたようである。

「機関投資家、主にヘッジファンドは最近仮想通貨への投資を開始した。機関投資家だけでなく、Elon Musk氏もそうしている。」と北尾氏は語った。

北尾氏は可能性のある具体的なパートナーは明らかにしていない。

2020年12月、SBIは、スイスの主要証券取引所であるスイス証券取引所との共同仮想通貨関連ベンチャーを発表した。イニシアチブの一環として、SIX Digital ExchangeとSBIの仮想通貨部門であるSBI Digital Asset Holdingsは、シンガポールで新しい仮想通貨プラットフォームを立ち上げている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る