香港における仮想通貨のリテール取引を禁止する法案が導入される可能性があり、仮想通貨業界の懸念が高まっている。

香港の仮想通貨業界関係者は、合法的な仮想通貨取引をプロの投資家に制限し、業界の93%を市場から締め出すという法律が制定されるのに反対しようとしている。

2月15日に公開されたサウスチャイナモーニングポストへのコメントで、業界団体のグローバルデジタルファイナンスは、提案された法律によってリテール取引は規制されていないプラットフォームを使用することを促進させる可能性があると警告した。グローバルデジタルファイナンスは、BitMEX、Huobi、Coinbase、OKCoinなどの仮想通貨取引所を代表しており、今後の法律に反対する業界の取り組みの最前線で活動してきた。

香港の金融サービスと財務局は、マネーロンダリング防止とテロ対策の資金調達対策を強化するための取り締まりの一環として、2020年11月に最初に提案を発表した。この動きは、国内規制を金融活動タスクフォース(FATF)からの勧告に一致させる取り組みと一致している。

それでも、財務局の提案はFATFのフレームワークの要件を超えており、代わりに中国本土での仮想通貨取引に対する厳しい姿勢を反映している。グローバルデジタルファイナンスの諮問委員会の議長であるMalcolm Wright氏は、FATFのメンバーであるシンガポール、英国、および米国はすべて、リテールトレーダーが仮想通貨市場に参加することを引き続き許可していると指摘している。

1月中、政府は公的機関と業界団体の両方のメンバーと協議してきた。協議期間が終了した今、提案は法案となり、年内に香港の立法評議会に提出される予定である。サウスチャイナモーニングポストの推定では、国内人口の93%が禁止の影響を受けるということであるが、最近のシティバンクの調査によると、約7%(504,000人)がプロの投資家の基準を満たすのに十分な資産を持っているという。

香港のビットコイン協会の代表者は最近、「個人のビットコインへのアクセスを制限することは、イノベーションと金融包摂を促進するという政府の目標からは行き過ぎてるだろう。」と指摘した。提案された規制は、ビットコイン自動預け払い機(ATM)にも及ぶ可能性があり、企業向けの香港の既存の仮想通貨ライセンス規則の権限も大幅に拡大することになるだろう。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る