Elon Musk氏がドージコイン(DOGE)の非常に不平等な分布に注意を向け、主要な保有者に持ち分を売却するよう促した後、ドージコイン(DOGE)の価値は2月15日に数時間の間で23%下落した。

ドージコインは、仮想通貨の分野で最も不平等なコイン分布の1つであり、28.7%が1人だけによって保持され、上位12の所有者が供給のほぼ50%を所有している。2月14日の真夜中にMusk氏はツイートした

「主要なドージコイン保有者が大半のコインを販売したら、全面的に支援する。集中しすぎていることが唯一の問題である。」

7時間強後、ドージコインの価格は0.063ドルから0.048ドルに23%下落した。Musk氏のツイートは以前から、仮想通貨の価格、特にドージコインの変動で影響を与えていた

20%を超える損失は、仮想通貨の時価総額ランキングでよく見られるものであり、特にアルトコインは大幅な引き戻しの対象となった。アナリストは、これはビットコイン(BTC)がほんの数時間前に史上最高値を更新し、アルトコイン市場からボリュームを引き出したことが原因であると示唆している

パブリックブロックチェーンは仮名または匿名である傾向があるため、特定の仮想通貨の正確な分布を計算することは難しい場合がある。しかし、いくつかの利用可能なソースからのデータは、ドージコインの供給全体のほぼ70%が100をわずかに超えるアドレスで保持されていることを示している。

Dogecoinの創設者Billy Markus氏は、失職後、財政難の真っ只中に2015年にDOGEの持ち株をすべて売却したことを最近明らかにした。Markusは、当時人気の柴犬のミームに基づいて、2013年にジョークとしてドージコインを開始した。

Elon Musk氏のドージコインでの悪ふざけは、主にユーモアでやっているようである。Teslaの創設者はかつて、ドージコイン(オープンソースの仮想通貨)の投票により任命されたCEOであることを宣言した。これまでのところ、コインとのやり取りは、あらゆる種類の投資戦略というよりは、ミームに基づいていたものである。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る