最初のイーサリアム2.0ハードフォークは、より大きな変更を導入する前の一般的なテストを目的としている。

イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏は月曜日に、暫定的にHF1と名付けられた新イーサリアム2.0ビーコンチェーンの最初のハードフォークの計画を発表した

このハードフォークにより、開発者は最近リリースされたビーコンチェーンにいくつかの重要なアップグレードを導入することができる。これは、将来より大きく変更する際の有用なテストとしても役立つ。

最大の実用的な変更は、軽量クライアントのサポートである。これはリソース要件が最小限で、モバイルデバイスで実行可能なノードである。これにより、外部のサービスプロバイダーに頼ることなく、ブロックチェーンを独自に検証できる「トラストミニマイズウォレット」が可能となる。

軽量クライアントのサポートは、チェーンの正しいバージョンを簡単に判別できるようにする特別な署名を作成するためにランダムに割り当てられるバリデーターのグループである、特別な目的の「シンクコミッティーズ(sync committees)」を通じて導入される。

その他の改善には、フォークチョイスルールの修正が含まれる。開発者は、プロトコルのいくつかの例が再編成攻撃に対して潜在的に脆弱であると特定した。問題は緻密で正確なタイミングが必要であるが、悪意のあるハッカーがバリデーターのごく一部を制御しながらネットワークを悪用する可能性がある。これらの弱点は発売前に知られていたが、時間内に修正するには遅すぎたとButerin氏は述べていた。

実用的な変更の観点から、ハードフォークは、スラッシュとインアクティビティリークのメカニズムがどのように機能するかをオーバーホールすることを目的としている。現在、イーサリアム2.0のステーカーは、インアクティブであるためか、スラッシュを罰すチェーンの少数派のフォークをサポートしようとすることにより、資本の一部を失う可能性がある。

インターネット接続の不安定さや停電などの不可抗力の問題でも罰せられるため、インアクティビティリークはホームステーキングの抑止力と見なされることがあった。システムは非常に甘くに設定されていたが、チームは現在、不安定な接続を持つステーカーにも対応できるようメカニズムをさらに調整している。リークは2次式になるように設定されており、一時的なインアクティブと継続的なインアクティブの間に大きな違いがあるものとして対応する。大まかな例として、6分間に10回、合計1時間の停止を経験したステーカーは、マシンを1時間連続して切断した別のステーカーの10分の1の損失となる。

インアクティビティリークもすぐにではなく徐々に終了する。これにより、ネットワークがセキュリティに必要な基準値を大幅に超えるまで、オフラインノードの価値が失われ続けることが保証される。

いくつかの変更により、システムは正直な間違いに対してより寛容になるが、チームはいくつかのパラメーターを変更して、悪い行動に対するより厳しい罰金を導入している。これは、システムの補助輪を弱めることを目的としている。

ハードフォークがいつ実行されるかは不明であり、提案の詳細の一部についてはまだ開発とレビューが必要である。その間、イーサリアムの開発者は、HF1と将来のハードフォークの命名規則を考え出そうとしている。これまでに提案されたテーマには、星の名前、惑星系、World of Warcraftゾーン、月などが含まれている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る