英国のオークションハウスChristie’s(クリスティーズ)は、Beeple作の「純粋にデジタルな芸術作品」のオークションを発表した。火曜日の発表で、Christie’sはこのNFTアートワークは、主要なNFTマーケットプレイスであるMakersPlaceと提携して発売されると述べた。「Everydays – The First 5000 Days(毎日-最初の5000日)」というこの作品は、Beepleという名前のMike Winkelmannの作品である。

NFTオークションの公式ページによると、2月25日から3月11日まで入札でき、作品の開始価格はわずか100ドルであるという。

「2021年2月にChristie’sのためだけに作られたこの記念碑的なデジタルコラージュは、主要なオークションハウスで販売される初めてのBeepleの作品である。」とオークションハウスは発表の中で述べている。「これは、伝統的なオークションハウスで提供される初めての純粋なデジタルアートワーク(NFT)でもあり、ブロックチェーンテクノロジーのおかげでその信頼性が保証されている。」とChristie’sは付け加えた。


参照:cointelegraph

ニューヨークを拠点とする戦後の現代専門家であるNoah Davis氏は、Christie’sのNFT業界への参入は、デジタルアートにとって非常に重要であると強調した。

「Christie’sは、これまでこの規模や重要性のある新しいメディアアートワークを提供したことはない。Beepleの作品を取得することは、世界をリードするデジタルアーティストの1人によって作成されたブロックチェーン自体のエントリーを所有するユニークな機会である。」

以前に報告されたように、Christie’sのNFTパートナーであるMakersPlaceは、 Winklevoss兄弟が所有するNifty、SuperRare、KnownOriginと同様に、グローバルなNFTマーケットプレイスである。

この新しいオークションは、ブロックチェーンベースのアートへの同社の最初の進出ではない。2020年10月、同様のオークションで、ビットコイン(BTC)がテーマのブロックチェーンコードで作られたNFTアートワークが131,250ドルで販売されている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る